スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

622日目 USJ

20081219214854
12月17日。

USJに行ってきた。

エルモのストラップを買ってきたぜ。

で、大阪やねん。

大阪は高校以来に訪れたのだけど…。

大阪って感じであった。
スポンサーサイト

623日目 梅田

12月18日。

梅田をひたすら歩いている。

ゲーセン、呑み屋、お好み焼き、たこ焼き。

街は変わらぬ顔をして、横断歩道を渡る人々が冬の支度をしている。

何かの行列。

人は何故生きるのか。

活力とは何か。

624日目 カプセルホテル

12月19日。

梅田をプラプラ。梅プラ。
大阪滞在4日目になり、なんだか同じ場所をグルグルしている。
行動範囲が狭いので、あまり地理に詳しくなったわけでもない。
毎晩、呑んでいる。今日はカプセルホテルに宿泊だ。

初めてカプセルホテルに泊まったのは学生の時。仙台でだったと思う。
そういうことを思い出すと、色々なことが芋づる式に思い出される。
やはり学生の時、友人とあるサウナに行き、浴場のビーチチェアで寝ていたら、変な男に太ももを触られた、と友人が言ってきたことがあった。
実は、そういう場所ではホモの方が相手を求めている場合があるのだと、後に知り、世の中には知らないことがたくさんあるものだと思った。

カプセルホテルも時々、そんなことがあるらしいよ。怖いね。

625日目 ホルモン

12月20日。
大阪にいる高校時代の同級生と待ち合わせ。

彼は今、高級クラブの店員をしているそうだ。毎夜毎夜、社長や芸能人が店を訪れるらしく、もう6年目ということもあり、だいぶ出世したらしい。うちの店はサントリーの響18年を世界一売っている、と話していた。豪勢な話だ。

ナンバという街を案内してもらいながら、たこ焼きを食べた。三角公園とアメ村をチラ見しながら、もう一つたこ焼きを食べた。大阪のたこ焼きは安い。たこ焼きを考えた人はなんとかさんいうらしいが、個人的に感謝状を贈りたいほどだ。

その後は、彼の奢りでホルモンも頂いた。大阪にはホルモン屋も多い印象。

626日目 帰省

12月21日。
逆から読んでも1221。
下から読んでも山本山。

とりあえず正月を実家で過ごすことにし、大阪を去ることにした。

さらば大阪。

さらば梅田。

夜行バスが大阪→東京3500円だって。
安いね。

仕事を探しつつ、年明けに再移動予定。

627日目 心の歌

12月22日。

朝、バスは新宿西口へ。
電車に乗り換え埼玉へ。

結局帰ってきた。負け犬のように、俺は実家に帰ってきた。

くだらねえ仕事でも仕事は仕事/働く場所があるだけラッキーだろう

ってブルーハーツが歌ってたなあ。

何をするにも金かかるぜ

ってハイロウズが歌ってたなあ。

子供の頃から憧れてたものになれなかったんなら/大人のフリすんな

とも歌っていた。

沁みるなあ。今、その言葉の数々が。

628日目 賞金王決定戦

12月23日。

今日は賞金王決定戦の日だ。

賞金王決定戦とは…

競艇の最高峰であるレース。

1年を締めくくる重大なレースである。

親父とテレビで観戦。

親父が3連単的中。

629日目 クリスマス・イヴ

12月24日。

クリスマス・イヴ。

あんまりクリスマスムードじゃないけれど…

一応言ってみた。

メリークリスマス。

もう一度。

メリークリスマス。

もう一度。

メリークリスマス。

やったぜ。

630日目 クリスマス

12月25日。

クリスマスです。

あんまりクリスマスムードじゃないけれど…。

メリークリスマス。

雪が降れば

ホワイトクリスマス。

年末なので

お歳暮おクリマス。



うまくない。

残念だぜ。

631日目 12月26日

12月26日。

クリスマスが終わった。

やはり

サンタはこなかった。

サンタは大人の前には現れないという噂は本当だった。

別にショックはない。

薄々気づいていたことだ。

・・・

靴下に穴が空いてたのがいけなかったのかもしれない。

632日目 高崎まで

12月27日。

明日は有馬だ。

なので

軽トラに乗って、高崎の場外馬券場まで馬券を買いに。

自分含め、8人分の馬券を買わなくてはならない。

皆、有馬記念を楽しみにしているのだ。

もはや競馬はスポーツで

有馬記念は国民にとって年末ジャンボ宝くじよりも楽しめる『遊び』になったのではなかろうか。

年末の競馬中継にかじりついて、レースの行く末を見据える。

年が暮れてゆく。

633日目 有馬だぜ

20081229180222
20081229180218
12月28日。

はずしたぜ。

有馬だぜ。

ダイワスカーだぜ。

すったぜ。

いつものことなんだ。自分は本当に有馬記念と縁がない。

ちょっと前にディープインパクトっちゅう強い馬がいて、その馬は日本では一度しか負けたことがなかったのだけど、それが有馬記念だったんだ。

買ってたんだよな。自分はディープインパクトから。

有馬で馬券をとったことがないぜ。

634日目 呑むんだ

12月29日。

友人との忘年会。

地元居酒屋にてワイワイ。

昨日も呑んだ。

今日も呑んだ。

明日も呑むんだ。

のんべえだ。

幸せだなあ。

酒よ、永遠なれ。

酒よ、不死身なれ。

酒よ。

635日目 浅草ブートキャンプ

20090102174003
旅中に広島で出会った旅唄いの手塚幸(みゆき)さんと、東京は浅草で落ち合い、ストリートライブでのギター弾き語りを聴かせて頂いてきた。
WINS浅草の角で、幸さんと幸さんのマネージャーのトモコンさんと、ホームレスのおっちゃんと、通りがかりの人と、ワイワイしながら。
幸さんのしゃがれた声と詩と生き方が自分は大好きだ。

曲をリクエストしてきたおっちゃんが、奢っちゃるから呑みに行こう、と言うので、自分もついていき、浅草のスナックへ。

カラオケを歌わせて頂いてきた。

636日目 紅白

スポーツ新聞で紅白の出場者を見ていたら、驚愕の事実が発覚した。

B型が少ない。

血液型B型の歌手が少ないのである。

白組で挙げてみると、B型は森山良子の息子さんだけだ。

そんな理由で愕然とした。

637日目 あけましておめでとうございます

朝起きて、TV見ながら、アースマラソンに出た寛平ちゃんすげえなって親父に話したら、親父はお前の方がすげえよと言った。
寛平ちゃんはスポンサーがついてやってるけど、お前の旅はお前一人でやってんだからお前の方がすげえよ、と言った。
親父の言葉はいつも偉大だ。自分が親父を越せる日は来るのだろうか。

そんなもので、仏壇に向かって新年の挨拶を述べながら、いつになったら自分は素直に生きられるのか、仏様に問うてみたが答えはなし。
物置にて探し物をしていたら、自分が書いた昔の詩集が出てきて
「神頼みとはすなわち、精神の安定を図ろうとする行為である」
と書いてあった。
つまり、仏壇に向かう俺は今、精神の安定を図ろうとしているのか、昔の俺よ。嘆かわしいな。

新年に誓いを立てることを忘れ、コタツに寝転がっている。
それじゃあダメだと天井の方から声がして、目を開けると痴呆症の祖母が自分の顔を覗きこんでいる。
ダメさダメさとふて寝する俺。何がダメかも見失なった。

だけど。

うまくいかねえ「時」こそ肥やしになるのさ。そう信じてる。

とにもかくにも、今年一年、皆様、何とぞお付き合いよろしくお願い致します。

638日目 新年会

1月2日。

家に親戚が集まって新年会。

自分はたこ焼きを作ろうと思ったのだけれど…

たこ焼き器が見つからない。

で、

お好み焼きに変更。

平べったいたこ焼きだと言い張りつつ、

焼きあがったが微妙な味。

639日目 新年会2

1月3日。

地元の盟友Bと呑みに行く。

思えば去年の28日から呑みに出続け、

ううう

色々と腹の調子が悪い。

あかんわあ、ってなもんなのだが、明日も新年会の予定。

チャリで帰る夜の住宅街。

640日目 新年会3

1月4日。

浦和に住む音楽仲間のT村くんと、羽生で落ち合って新年会。

T村くんが

「実は今日はさろさんに話があったんだけど…」

と言うので

「なになに?」

と前のめりになって聞くと

「俺とバンド組まない?」

と言う。

正味、驚いて

「俺?」

と聞き返すと

いやぁ、過去にさろさんのライブを3回ほど見させてもらったけど良かったよ、というようなことを言われ、

いっやあー舞い上がっちゃった。楽しくなってきたなー。

と思ったけど、自分には旅がある。

まあ、今現在のバンドもあるし、やるとしても2年後かな、なんて阿呆なことを話しながら、夜は更けていった。のであった。

641日目 力なく

1月5日。

焦燥感に押し潰されそうである。

家でゴロゴロしている。

これではいかんと起き上がってTVに目をやると、

派遣村。

年末年始を生き抜くぞと叫んでいる。

苦しい。

苦しすぎる。

ので、TVを消して、自分はまた横になった。

横臥しながら、力なく投げ出した手で猫を撫でている。

猫が気持ちよさげにニャアと鳴く。

642日目 イケるのかコノヤロー

1月6日。

仕事が見つかっていない。

現段階で貯金が3万円である。

先月と先々月の分のバイト給料はもうほとんど残っちゃいない。

で。

今年の歩き始めに向けて貯めなきゃいけない金額を弾き出したところ、ざっと90万は必要と出た。

え?貯まんの?

と思った、今日。

643日目 バイト

1月7日。

勝利に勝る敗北がある。そうだろ、テリーマン。

地元の先輩から電話がかかってきて、その先輩は自分で建設会社をやっていて、そこで幾日がバイトさせて頂くことになった。

で、久しぶりに肉体労働。

いやー清々しいな。

現場仕事って好きだ。

644日目 今日の疑問

一つ、疑問に思うことがある。

今、自分の中にたった一つの疑問が。

それが気になって自分は落ち着かない。

仕事が手につかない。

ちっぽけなことなんだけど。

いや、もしかしたら恐ろしく重大なことかもしれない。

皆さんに聞いてもいいでしょうか。

あの…

日本の猫がアメリカに行ったら、猫同士、言葉が通じるんでしょうか?

もし通じるとしたら、猫語は英語圏より広い世界共通語ってことになるので…

いや、それはすげえなーと思ったんです。

645日目 落語

友達が最近、落語の古今亭志ん生が面白いというので、図書館に行ってCDを借りてきた。

「いやぁ磨くのはやめておく。また小判が出るといけないから」
って、これは「井戸の茶碗」という噺のオチのセリフなのだけど、やー、落語ってすごい。いや、噺家ってすごい。

今更ながら、学生時代に落研入っとけば良かったな、なんて思う。

646日目 思い出した友人

1月10日。

646日目。

てんで、学生時代の友人のことを思い出した。

そいつはいつも「むしろ…」と言っていた。

はあ?むしろ美味いから、とか、それむしろヤバイし、とか、むしろが口癖なんである。

646日目…、だから「むしろ」。で思い出した。

彼は元気にしてるだろうか。

もし彼がこのブログを読んでいたら、きっとこういってくれるだろう。

いやむしろ、お前より元気だし。

647日目 カラー

1月11日。

ワンワンワン。

と言ってみたのは別に自分が犬だからではなく、ゾロ目が好きだから。ウ~。

チンチンチン。

と言ってみたのは別に自分が消防士だからじゃなく、ヤッターマンを思い出したから。

って、こんな話を理解してくれるあなたが好きだ。

と言ったのは別に告白ってわけではなく、普通に普段からそんなことを言い合える仲の人がいれば、人は幸せなんだろうなと思ったから。
からー。

648日目 弁当にまつわる話

20090114185653
1月12日。
ほか弁改め、ほっともっと弁を食べようと、仕事の昼休憩、軽トラをとばしてほっともっと羽生西店に向かい、のりタルタル弁当(大盛)を買ってきた。
先輩の分と自分の分、あわせて2つをあらかじめ電話注文しておき、指定した時刻に取りに行く。
レジで料金を支払い、現場までとんぼ返り。
さあ、昼飯だってんで袋を広げて顔が青くなったってのは、そこに入っているべきはずの割り箸が、およ、全く見当たらなかったからである。

先輩の分はトラックの中に一膳だけ予備があったので、それを使用した。
自分はどうしようか。考えて用意したのが写真の天然木を使用したマイ箸である。
そこらへんに生えていた木を折り、カッターで削って、ライターであぶって消毒。
これってエコなんだろうか、ぬわぁんて思いながら食べたらうまかった。

649日目 写メの謎

20090114190817
1月13日。

仕事をお世話になっている先輩の奥さんからビール券を頂いた。
嬉しいので写メを撮ってみた。

と、こう書いて引っかかったのは、写メという言葉である。

写メ。

皆さんは、これが何の略語かご存知だろうか。
自分は知らない。

おおよそ推測してみるに、

写真添付メール

てな具合ではなかろうかと思われる。

いや、写メという言葉はジェイフォンが使い始めたのだから、略語なんかでなく写メは写メだという意見もあろう。
しかし、メがメールの略語であることは知って納得、見て納得、どう考えても歴然であり、ならば写メはやはり引き伸ばせば上記のような言葉になるのであろうと思われる。

で。

さて、この写メという言葉。使用できる範疇はいかほどか。

写メを撮る。てな使い方にいつも疑問を感じながらも、時代の流れに抗えず、しゃめしゃめ言ってしまっている。本来、写メは「送る」ものであろう。

そうだ、新しく言葉を作ればいいんだ、と思い、ケータイカメラを略してタイラなんてどうだろう、考えていたら、クイズダービーに出演していたはらたいらさんが頭に浮かんで離れず、ベッドの中で一人、3千点なんて呟いている午前0時。

650日目 そんな冬2009

1月14日。

仕事の現場近くに中学校と高校があり、学生が多い。部活動か、よくランニングしている。野球部のバッチこーいみたいな声が聞こえてくる。

辺りを見回すと、田んぼや畑が黄金色だ。冬だなぁ、コタツに入って鍋と燗酒でもやりてえなあ、と思う。

江戸っ子だってぇねえ、神田の生まれよ、なんて、浪曲「石松金比羅代参」の台詞が口をついて出る頃には、お天道様も高ぁくあがって、やあ体の調子がいい。

遠い目で白く色づいた富士山を見つめながら、人生にたった一度しかないこの瞬間を楽しもうと思った。そんな冬2009。

そんな冬にセンキュー。

651日目 光

目というのは不思議なものだね。
僕らは何かを見る。冷蔵庫を見る。テーブルを見る。自分の手を見る。そこに「何か」があるのだと認識する。
ところがどうだ。それが本当の本当には存在しないものだったら?
色盲というのがあるだろう。物が正常な色に見えないという。
もしもだよ。この世にある全てのものが正常に見えていないのは僕ら、正常な目を持つといわれている人間達だったら?
学者は一笑に付すかもしれない。けれど、本当に本当のことなんて、どんなに威張っている人にだって分かるものじゃないさ。
もしも、もしもだよ、今君の目の前にあるあらゆるものが自分の目を経由して脳に伝えられた誤った情報で、本当は世の中全て真っ暗な世界だったとしたら、そこに何がある?どうやって生きる?
きっと人は人無しでは生きられない。
暗闇に光るのは、父であり、母であり、あなたにとって大切な人々。
どうだい?
真っ暗闇な世界の方がシンプルに生きられそうな、そんな気さえしてこないか?
余計なものが見えすぎて、光が見つけられないのなら、目をつぶってみなよ。
君の灯りを頼りにしているみんなが周りにいるよ。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。