スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

605日目 南部バイト30日目

Rホテルにはチャペルがあり、婚礼も出来るようになっている。
で、土日は婚礼が立て込んで、先日は1日に5件の挙式があり、スタッフはその準備やら接客やら片付けやらでてんてこ舞いだったのであるが、自分はこの旅の最中に何度か友人や身内の結婚式があり、まさか同じ旅の中でその婚礼の裏方までやることになるとは思わなかった。

式の真っ最中である部屋の隣で、先に終わった婚礼の片付けをしている。隣の会場からは氣志團の「結婚行進曲」が流れている。自分はそれを壁越しに聴きながら黙々と残飯処理をしていた。
その時、自分が思ったのは、やはり自分が出席した結婚式もこのような感じだったのか、ということだ。
騒いでいる自分を横目に黙々と皿を片付けていたのは誰であったか。
大笑いする自分の声を聴きながら廊下を走っていたのは誰であったか。

分からないの巻。

そういうことを考えると、なんだか胸がちょっと切なくなるってのは、これ一体何なんだろうか。
スポンサーサイト

606日目 南部バイト31日目

11月いっぱいで同じ派遣会社の女の子が2人、契約満期で仕事終了となり、その送別会のために田辺市のカラオケまで深夜に出掛けた。のは昨日。
朝方まで歌って、ホテルに帰ってきてからグースカパロリンで寝たのであったが、夕方から仕事で起床。
して、この仕事中に自分は重大なことが発覚した、というのは、どうやら明日からホテルが暇で、自分は4連休らしいのだ。

はて、4連休。
何をしようか考えているのだけど、もうお金はスッカラカンだし、とりあえず缶詰だな、こりゃ。
ホテルに缶詰も初体験な感じ。

607日目 南部バイト32日目

12月2日。連休1日目。
暇だ。やることがない。同室のテルと隣室のK林くんの3人でホテル横の海を訪れた。
ちょっとポカポカした陽気だったので、自分はトランクス一丁になって海に飛び込んだ。

12月の海は寒かった。

608日目 南部バイト33日目

12月3日。連休2日目。
朝、寝ていたら、同じ派遣会社の19歳の女の子に起こされ、添い寝され、キスされた。訳が分からなかったが、なんか幸せな気分になった。
で、夜やねん。
テルとその子と3人でホテル横のビーチで焚火をした。星がキレイだったのさ。
どさ。ゆさ。

609日目 南部バイト34日目

20081207220645
20081207220642
12月4日。連休3日目。
ヨシキ君がパチンコの代打ちをしてくれというので、勝ち分の1割をもらう約束で、パチンコに出掛けた。
負けたら飯代のみだが、2人で17万超勝ち、自分は1万5千円をもらって、更に回らない寿司をおごってもらった。
ヨシキ君は3連休だかで、ここのところ、パチンコでがっぽり儲かっているらしい。彼は台選びがうまいので、自分も色々と勉強になる。
パチンコ後には二人で雀荘に行き、フリーで打った。

関西はサンマーが主流らしく、自分は2人のおじちゃんと対戦した。
そのおじちゃんはそこの雀荘の店長と顔馴染みらしいのだけど、4回やってトントンだったってのは、麻雀下手な自分としては嬉しな出来事であった。
っていう、ギャンブル漬けの1日。

610日目 南部バイト35日目

20081207221020
20081207221018
20081207221015
12月5日。連休4日目。
ホテルの社員の子と派遣の子の3人で遊びに出掛けた。
白浜まで車で出掛け、「とれとれ市場」なる観光スポットでバーベキューをし、ボウリングに行って、夕飯を食べた。
今日もヨシキ君はパチンコで大勝したらしく、途中から加わって、皆の夕飯をおごってくれた。
最後には、ビリヤードとカラオケをして、自分の4連休は締め。
なんだかんだで楽しい4連休であった。

611日目 南部バイト36日目

同室のテルがいなくなった。仕事を辞めて、実家のある北九州へと帰ってしまった。寂しくなった部屋。一人ぽつねんと佇む。
朝方に荷物をまとめ始めたので、どうしたのかと聞くと
「さとちゃん、悪いけど俺地元に帰ります」
と言う。
周りからみれば、俗に言う「飛び」とか「夜逃げ」なのだけど、その場に立ち会った自分にはそんな一言では済まない悲しさがある。
理由を聞くのも野暮なので、土産でも買いなよと1万円を渡し、頑張れよと肩を叩いて見送った。別れ際、テルは握手をしながら声を震わせ泣いていた。まだ星空の見える早朝に、風が強く吹いていた。

彼の夢は歌手になることである。すでに東京の某事務所からオファーが来ているらしい。自分はテルのことをずっと応援している。

612日目 南部バイト37日目

26歳になってしまった。

旅に出るのを決めたのが23歳。1年間お金を貯めて、旅に出たのが24歳。広島で迎えた25歳。

そして。

今日、26歳になった。

なかなか人生を楽しめてるな、と思う。

80年しかない人生を、栄枯盛衰の歴史を、築いてゆくのだ俺は。俺は。俺は。

世の中は頭のいい人が考えた構想を元に、中くらいの人が指揮をして、それ以外の人が末端で働いている。
社会が学歴を主張し、親が教師が、勉強しろと口を酸っぱくして言うのは、ちょっとでも頭がいい方が上に行けると信じているからである。

俺はそんなもの信じない。会社を信じない。軍隊を信じない。縦の関係を信じない。暴力をなくすための暴力を信じない。自由に、自由に生きたい。これからの50年を。

そう誓いを立てて、進む、俺の影、東に伸びて。突然の欠伸が口を襲った。

613日目 南部バイト38日目

12月はホテルも暇らしく、休みが多いらしいのだけど、そんなわけで今日も休日であった。
朝からビールを呑んで、寝て、起きて、ビールを呑んで、寝て、起きて、ご飯を食べて、雀荘に向かった。ヨシキ君に誘われたのである。
雀荘…。
緊張するね。他人との争いだから心に余裕がなく、1ツモ、1捨てが胃に痛い。坊や哲にはなれそうもない。余裕で先ヅモ出来るくらいの環境で打ちたい。ミスを連発して1万強の負け。
帰りは深夜4時。ラーメンを食べて、原付をとばす。
翌朝は7時から朝食バイキングの仕事、というストーリー。

614日目 南部バイト39日目

12月9日。
ビールを呑んでいる。相変わらず。ビールはうまい。冬もビアガーデンがあったらいいのに。
ビアガーデンでバイトした話をしたろうか。以前、自分はビアガーデンでバイトしていた。
あの時は、毎日ビールを呑んでいたな。仕事しながら。ろくなもんじゃない。

冬のビールってのも結構うまい。ビールは夏だけのものじゃない。春には春の、秋には秋の、ビールがあるのさ。どさ。ゆさ。

ああ、クリアアサヒのポイントシールが8ケース分、192枚あるんだけど、懸賞、当たるといいな。当たるとクリアアサヒ1ケースが貰えるん。

錬金術やね。

615日目 南部バイト40日目

世の中は不況の嵐で、Rホテルも例外でなく、宿泊客のキャンセルが相次いでいるらしい。
というわけで、今月に入ってからというもの、急に仕事も激減し、派遣社員は連休の嵐。自分もまた3連休ということになった。

して。

3連休1日目。

ボウリングと焼き鳥。

平々凡々とした日々に若干の不安を覚える。

スコアも平々凡々だ。

616日目 南部バイト41日目

連休2日目。
もしもし亀よー亀さんよを口ずさんでいる。
一文字ずらして、しもしかめよかーめさんよせバージョンで。
ご存知だろうか。
ぶるんぶるんぶるん、はるちるがるとるぶるん、おるいるけるのるまるわるりるにるおるはるなるがるさるいるたるよる、って知らん人にとっては何言ってるのかさっぱり分からんようなことを書く。

ご存知だろうか。

そうして日が暮れていった。

617日目 南部バイト42日目

連休3日目。
風邪をひいて寝ている。

天気は・・

曇りだ。

海が見える。加山雄三を歌おうじゃないか。

うーみよー、おーれーのうーみよー。

・・・。

喉の調子が・・。

618日目 南部バイト43日目

12月13日。
今日でバイトが終了した。

本来であれば年明けまでやるはずであったホテルでのバイト。

この不況により宿泊客のキャンセルが相次いで、仕事がないらしい。加えて、派遣法だか法律の改正により、自分達派遣社員はほぼ会社ごとホテルから退く形になった。

というわけで、2、3日はホテルにいるが、その後は全く未定の状態。

619日目 南部バイト44日目

表題に南部バイト、と書いてあるが、バイトは終了。とりあえずホテルに滞在させてもらっているが、この後どうしようかと思って。わたし。

自室にて考えたのは、いくつかあって、まあ、せっかくだからワーホリとか面白いんじゃないかと思うけど、外貨を稼ぐ厳しさを自分は知らんし。
友達が働くホテルに、もしかしたら求人があるかもとのことだが、なんだかもう派遣はいいかなみたいな虚無感もあり、だったら自分で稼ごうかと思って、テキ屋?なんて思うんだけど、アウトローに生きる厳しさを自分は知らんし。

単純に金儲けという目線で世の中を見てみたら、何事であっても本腰を入れなきゃいけない社会の厳しさと頭脳の明晰さが必要とされ、つまり人間関係って大事なんだなと考えたり。だけど、フハハ、沖縄で出会ったおっちゃんは、バカが一番だと話していた。

自分がすがりたいものは何か。冷静に見極めていきたいんだコンチクショー。

620日目 南部バイト45日目

例えば、警察は警察学校だとかなんだとかでエリートコースがあり、そのエリートコースにのらないと、出世できない。警部どまりだ、とか。
能とか狂言とか、伝統芸能は世襲だから、関係ない血筋ではどんなに頑張っても上にはいけない、とか。
そういうルールって社会にあって、正直に生きろと人は言うけど、正直な人を騙すのもまた人で、じゃあその正直な人を騙した人が悪い人かというと、決してそんなことはなく、今日、人を騙した人がおごった缶コーヒーに救われた人がいたりして、その救われた人は感謝と感動を覚え、いつかどこかで騙された人を救うかもしれず。
そんなあやふやな世界で、人は人を評価して、人は人を信用して、人は人を遠ざけ、差別をなくそうとか自由とかを訴えながら、もう一方では現実的に金を必要として生きている。

根本的な、至って根本的な人間への疑問がなくならないのだけどね、僕は。
そういう疑問って、ほとんどの人はシカトして生きてるんだろうか。それとも認めて生きてるんだろうか。矛盾だらけの気がしてしまうのは何故なんだろう。

621日目 南部バイト46日目

ホテルを後にした。

移動して大阪。

というわけで梅田。

3、4日、大阪をグルグル見て回ろうと思う。

622日目 USJ

20081219214854
12月17日。

USJに行ってきた。

エルモのストラップを買ってきたぜ。

で、大阪やねん。

大阪は高校以来に訪れたのだけど…。

大阪って感じであった。

623日目 梅田

12月18日。

梅田をひたすら歩いている。

ゲーセン、呑み屋、お好み焼き、たこ焼き。

街は変わらぬ顔をして、横断歩道を渡る人々が冬の支度をしている。

何かの行列。

人は何故生きるのか。

活力とは何か。

624日目 カプセルホテル

12月19日。

梅田をプラプラ。梅プラ。
大阪滞在4日目になり、なんだか同じ場所をグルグルしている。
行動範囲が狭いので、あまり地理に詳しくなったわけでもない。
毎晩、呑んでいる。今日はカプセルホテルに宿泊だ。

初めてカプセルホテルに泊まったのは学生の時。仙台でだったと思う。
そういうことを思い出すと、色々なことが芋づる式に思い出される。
やはり学生の時、友人とあるサウナに行き、浴場のビーチチェアで寝ていたら、変な男に太ももを触られた、と友人が言ってきたことがあった。
実は、そういう場所ではホモの方が相手を求めている場合があるのだと、後に知り、世の中には知らないことがたくさんあるものだと思った。

カプセルホテルも時々、そんなことがあるらしいよ。怖いね。

625日目 ホルモン

12月20日。
大阪にいる高校時代の同級生と待ち合わせ。

彼は今、高級クラブの店員をしているそうだ。毎夜毎夜、社長や芸能人が店を訪れるらしく、もう6年目ということもあり、だいぶ出世したらしい。うちの店はサントリーの響18年を世界一売っている、と話していた。豪勢な話だ。

ナンバという街を案内してもらいながら、たこ焼きを食べた。三角公園とアメ村をチラ見しながら、もう一つたこ焼きを食べた。大阪のたこ焼きは安い。たこ焼きを考えた人はなんとかさんいうらしいが、個人的に感謝状を贈りたいほどだ。

その後は、彼の奢りでホルモンも頂いた。大阪にはホルモン屋も多い印象。

626日目 帰省

12月21日。
逆から読んでも1221。
下から読んでも山本山。

とりあえず正月を実家で過ごすことにし、大阪を去ることにした。

さらば大阪。

さらば梅田。

夜行バスが大阪→東京3500円だって。
安いね。

仕事を探しつつ、年明けに再移動予定。

627日目 心の歌

12月22日。

朝、バスは新宿西口へ。
電車に乗り換え埼玉へ。

結局帰ってきた。負け犬のように、俺は実家に帰ってきた。

くだらねえ仕事でも仕事は仕事/働く場所があるだけラッキーだろう

ってブルーハーツが歌ってたなあ。

何をするにも金かかるぜ

ってハイロウズが歌ってたなあ。

子供の頃から憧れてたものになれなかったんなら/大人のフリすんな

とも歌っていた。

沁みるなあ。今、その言葉の数々が。

628日目 賞金王決定戦

12月23日。

今日は賞金王決定戦の日だ。

賞金王決定戦とは…

競艇の最高峰であるレース。

1年を締めくくる重大なレースである。

親父とテレビで観戦。

親父が3連単的中。

629日目 クリスマス・イヴ

12月24日。

クリスマス・イヴ。

あんまりクリスマスムードじゃないけれど…

一応言ってみた。

メリークリスマス。

もう一度。

メリークリスマス。

もう一度。

メリークリスマス。

やったぜ。

630日目 クリスマス

12月25日。

クリスマスです。

あんまりクリスマスムードじゃないけれど…。

メリークリスマス。

雪が降れば

ホワイトクリスマス。

年末なので

お歳暮おクリマス。



うまくない。

残念だぜ。

631日目 12月26日

12月26日。

クリスマスが終わった。

やはり

サンタはこなかった。

サンタは大人の前には現れないという噂は本当だった。

別にショックはない。

薄々気づいていたことだ。

・・・

靴下に穴が空いてたのがいけなかったのかもしれない。

632日目 高崎まで

12月27日。

明日は有馬だ。

なので

軽トラに乗って、高崎の場外馬券場まで馬券を買いに。

自分含め、8人分の馬券を買わなくてはならない。

皆、有馬記念を楽しみにしているのだ。

もはや競馬はスポーツで

有馬記念は国民にとって年末ジャンボ宝くじよりも楽しめる『遊び』になったのではなかろうか。

年末の競馬中継にかじりついて、レースの行く末を見据える。

年が暮れてゆく。

小便小僧

小便小僧

あなたは今まで
生まれてからずっと
ずっと今まで
小便ばかり
僕もあなたになりたい
僕もあなたのように
壊れるほどに用を足す
小便小僧
小便小僧
OH小便小僧
小便小僧が噴水の中

雨に打たれて
風に吹かれても尚
ずっと立ちんぼ
小便ばかり
僕もあなたになりたい
僕もあなたのように
壊れてさえ一途に生きたい
小便小僧
小便小僧
OH小便小僧
小便小僧が噴水の中

行き先ある二人(K夫妻に捧ぐ)

とある田舎の農道で
結婚式がありました
道行く人は手に持った荷物を草の上に置き
縁石に腰かける者
これから町まで行くつもりだったのか
包みを広げてそこで品を売り出す者
場はごた返し
道路は塞がれ
農家は仕事の手を休めて
その様子をただただ
眺めるのでした

行き先ある二人は
満面に笑みを湛え
それを見る者にも
笑みがこぼれ
やがてファンファーレが
静かに静かに奏でられると
スズメがどこからかやって来て
声を限りに歌いました
二人は誰もいない道の先を
ゆっくりゆっくり
歩いていきました
皆がそれに
ゆっくりゆっくりついてゆき
蛙のコーラスの中で
祝福の歌をあげるのでした
11 | 2008/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。