スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

665日目 肉の日

1月29日。

いー肉の日。

いい肉って何だろうか?

A5ランクか、やはり。

北海道の友達に肉牛の牧場をやっているやつがいて、その友達が
「うちの牛が高値で売れた」
と言うので
「ほう、どこに売れたの?」
と聞くと、山形や兵庫の牧場に売れたのだという。

??と思い、どういう意味か友達に聞いてみると、つまり友達が育てた牛が2歳くらいで売られ、他県で半年ほど育てられた後、その県のブランド牛となって市場に出回るのだという。

自分は
「それっていいの?!」
と突っ込んだけど、まあ、昔からそういうもんなのだそうだ。無銘よりブランドの方が売れるから。

だから、実は僕らがうまいうまいと食べている肉は、米沢生まれでも松阪生まれでも近江生まれでもなく、北海道の名の売れていない地方で生まれた牛かもしれない。

そう考えると、

いい肉ってなんなんでしょうねえ。
スポンサーサイト

666日目 てなこと

1月30日。

666は単発だ。次回777での昇格を目指す。

バンド練習。

今日はバンド練習に行ってきた。

ホントにこれだけは旅しながらも、ずっと恋しい。

バンドが好きだ。

自分が生きている限り、やり続けそうな気がする。

生涯、パンクロッカー。

667日目 1月は行っちまった

20090202115234
1月31日。

本日で先輩の会社でのバイトが終わり。長々とだいぶお世話になってしまった。毎日、昼飯までおごってもらって色々食べさせて頂いた。
楽しかった。
役に立つ腕があるわけでなく、失敗ばかりの自分をかわいがってくれた先輩に深い感謝を。

この後は福岡に向かう予定。

本来は今月頭での移動だったのが、諸事情により延びてしまったのだ。

そこから3ヶ月ほど滞在して、旅資金を稼いだのち、GW明けに出立という段取り。

668日目 2月は逃げるんだろう

2月1日。

床屋へ行ってきたんだ。

ここの床屋は、自分が小学生の頃から行ってるんだぜベイビー。

って、なんでベイビー?

新潟県の女子高生のスカートは日本一短いそうだ。

でもそれは、スカートが短いのじゃなく、ソックスが短いからそう感じさせるんだって。テレビでやってた。

テレビでやってたって言うな。

物事には塩梅なんてものがごぜえやして、塩梅が大切だあ、なんて世の中ではいうんですがね、あんばい、好みですよね、はっきりいって。やっぱり梅干しにはハチミツが入ってないと。

って、何言ってんのか自分でもさっぱり分からない。

669日目 更新

2月2日。

実家を出る準備を進める。

免許センターなぞへ行ってきた。

自分の運転免許が来年の1月で切れるからだ。

期間前更新というやつをやりに行ったのである。

旅を始める前にも一度行ったのだが、その時は出来た。

だから今回も出来るだろうと思ったのだが…。

徒歩で日本一周している人間には認められないらしい。

自分は優良ドライバーではないので、経由地更新出来ないし。

ということで、来年の1月にはまた実家に帰ってこなければならないかもしれない。

夕飯は家族と焼肉だった。

670日目 再度、福岡へ

2月3日。

新幹線に乗っていると、ホームで誰かを見送る人がいる。
自分はそれを見ながら、誰も知らないドラマがそこにいくつもあるんだろうなと思う。

もう何度こんな時を繰り返してきたろうか。

旅を始めて、もうすぐ丸2年になる。

当初のゴール予定期日はもう過ぎた。

自分はまだ日本を半周しかしていない。

半周の半は半端者の半だ。

行くぞ。どんな回り道をしても、俺は行くぞ。

感謝と反省を胸に次のステージへ向かう。

全ては徒歩で日本一周という初期衝動を果たすため。

全ては己を己であらすため。

671日目 CMの曲

2月4日。

月桂冠「月」を呑んでいる。

これのCM、最近見ないんだけど好きだったんだよなあ。

ついつい、CMの挿入歌として使われていた曲のCDまで買ってしまったほど。

CMで使われている曲って、あれ、映像と一緒だからなのか、結構気になってしまって買いに走ることがままある。

最近はハナレグミの曲がCMで流れていて、すごく気になっているのだけど、まだCDでのリリース予定はないらしい。いい曲でね、この前ラジオでも流れていたよ。

672日目 物真似

2月5日。

ぼよよーん。

かつみ〓さゆりのさゆりの物真似をしてみた。

ぼよよーん。

文字だけでは伝わらないだろうが、自分の両手は今頭の上にあるのだ。

つまり、本気である。

自分は今本気で、さゆりの物真似をしている。

ぼよよーん。

ぼよよーん。

ぼよよーん。

そろそろ虚しいので、誰かに止めてほしい。

673日目 底

2月6日。

例えば、どん底どん底というけれど、どん底ってどんな底なんだろうか。

言葉のイメージから捉えてみるに、結構広そうである。だだっ広い地底のような風景を思い浮かべる。

暗くて、ひもじくて、それでいて動き回る自由くらいならありそうな感じだ。

ところがこれが底なし沼だったらどうだろう。

文字通り、そこに底はなく、って一応言っておくけどこれはギャグではなく、底がない中をただ堕ちるだけ、みたいな、そんな印象を受ける。

しかし、底なし沼なんて言って、本当に底がないわけでなく、はっきり言って、ちゃんと底というのはある。

何故なら本当に底がなかったら、沼は水が抜けてがらんどうになってしまうからであって、水が抜けないということはちゃんと底があるのである。

だから実は底なし沼というのは言葉として嘘であり、だから、まあ、どん底という方が言葉に誠実さがあると思うんだけど、どうだろう。

って、またも自分は底なし沼のように訳の分からない話をしている。

674日目 ファイアーエイジ

2月7日。

クロマニヨンズが去年出したアルバムをようやく購入して、聴いた。

カッコいいと思った。

カッコつけずにカッコつける。

もしくは、カッコつけながらカッコつけない。

だから、カッコいい。

未必の必みたいなものだろうか。

オーラって、こういうことかもしれない。

オーラってその人の歴史そのものなのかもしれない。

675日目 鬼ごろし

2月8日。

鬼ごろしを呑んでいる。

鬼ごろし。

これって、なんなんだろうか。

鬼ごろしって、なんで全国にあるんだろうか?

鬼ごろしって名称、全国で使い回してないっすか?

気になる。

今度、リサーチしておこう。

676日目 言葉

2月9日。

嘘と真実の境目が破けて、えー、グレーゾーンちゅうんでしょうか、いや真実と嘘は大陸と海のようなもので、海が枯れれば表れたそれが大陸になる如く、実は定まりのないものかもしれませんが、まあ、とにかく、真実と嘘の境目が破けて、そっから言葉が漏れてんです。

そんで、言葉ってのはへらへらしてますよ。自分は昔から、言葉には力があるけど意味などないと思っていまして。

どぼどぼとこぼれ落ちた言葉が積もってゆく。生み出された言葉は、やがて古典となってゆく。

要するに無常。要するに時代。それは寂しいなあって思います。寂しいなあって思いながら、暮らしています。

677日目 福岡ラーメン

2月10日。

「今夜はブギーバック」を聴いている。

小沢健二、通称オザケンである。スチャダラパーと歌っている。

これから「一蘭」という福岡の有名なとんこつラーメン屋でラーメンを食べてこようと思う。

先日乗ったタクシーの運ちゃんに聞いたのだが、博多ラーメンと長浜ラーメンと久留米ラーメンは、同じとんこつでも全然別物らしい。

全て食してみたい。

678日目 フリーライブ

2月11日。

最近街でよく聞く、かりゆし58の「さよなら」っていい曲だなと思いながら福岡をフラフラしていたら、キャナルシティというショッピングモールに本物のかりゆし58が来ていて、フリーライブをやっていたので聴いてきた。

カッコよかった。

かりゆし58の58は、やっぱり昭和58年生まれの58だろうか、だとしたらもしかしてタメかもしれないな、とか思ったりした。

ダメダメな僕。

679日目 おっさん

華麗なカレンダーを眺めながら、彼は枯れ果てた笑みを湛えた。その体に加齢臭が覆っていることを彼は知っている。
いつもの時間に起きて、いつもの電車に乗り、年のわりに可憐な瞳をまばたかせ、カレッジに向かう。
彼の仕事は大学教授である。
研究室に着き、カレイドスコープを覗き込むように顕微鏡を覗きながら、彼は考えた。昼飯は鰈が食べたい。
いつものことである。昼飯だけが彼の一日における唯一の楽しみなのだ。
鰈が食べたい。
彼は今度、実際にそれを口に出して言ってみた。昨夜の酒にかれた声が情けなく研究室に響く。
ふと、彼は虚無感を感じる。
この苛烈な世の中を争い抜き、ここまで来た。大学の教授にまでなった。
けれど、どうだ。
私は今、この研究室で一人、昼飯に鰈が食べたいなどと考えている。
窓の外を見やると、枯れ枝にスズメがとまっている。彼は呟いた。
人生とはなんだろうな。
口から、昨日食べたカレーライスのにおいがした。枯れ枝を蹴って、スズメが飛んでいった。
彼はいわゆる、おっさんであった。

680日目 煩悶

2月13日。

風邪をひいた。

最悪だ。

いや、最高だ。

最高だと思うことで早急な完治を目指す。

だけど、最悪の反対は最高ではない。

はて。

最悪の反対は最善だろうか、それとも最良だろうか。

そんなことも分からねえのか俺は。

ってうなされる夜。

681日目 2月14日

2月14日。

2月14日か。

2月14日ねえ。

2月14日なんだよなあ。

682日目 2月

2月15日。

すっかり忘れていたが、今月は28日までである。2月はなんだか損な気がする。

というか、まだ仕事が始まらない。

実は福岡に来てから何もしていないのだ。

というのは、いくつかバイトの面接を受けたものの、全てうまくいかなかったのである。

どうすんだって状況。

苦しくなる生活。

不景気になる世の中。

とりあえずパチンコに行っとくかと思い面接帰り、パチンコ屋に寄ったら四千円負けた。

悔しい。返して欲しい。

泣きたいけど泣かない夜。

泣きたいけど泣けない朝。

683日目 ドラマチック

2月16日。

桃栗3年、柿8年、高沢里詞は26年。
なんて言えば、
「てめえは26年経っても実が一つも出来てねえじゃねえか、このクズ木がっ」
と人から怒鳴られるかもしれないが、別にいいじゃないか、ヒョロ木だろうと生きてんである。
「ギブミーウォーター」
なんつって街を練り歩いている。ウォーター、というのはすなわち、金である。

この前など、無意識のうちに
「世の中、銭ずら」
という独り言を発していて、正直、自分で自分に驚いた。福岡の冴えない街角で。

衣食足りて礼節を知る、なんて言うが、あれは本当である。衣食が足りないと、自然、人間は羞恥心をなくし野蛮になってゆくのであり、では衣食とはなにかというと、それは現代社会における金である。

その金が不足している。人から人へ回らない。というのが、この不景気という状況であり、だからこそ自分のような野蛮気質な人間も増え、そこに目をつけ「銭ゲバ」というドラマをスタートさせたのだろうTV局のプロデューサーはすげーなーと、先日そのドラマを見て思った。

俺は流されない。

684日目 いじめ

2月17日。

重松清を読んでいたら、気分が重くなってきた。

重松清が書くいじめの話は読むのが辛くなる。

いじめが何故あるかというと、いじめる側にとっていじめが楽しいから、すっきりするからであろう。
しかし、これは全員に共通した感覚ではない、もちろんいじめなんて全く楽しくないという人間もいて、それでも何故いじめがなくならないかというと、根本的にいじめは人間の性だからじゃないかという気がする。

愛って、本能なのか理性なのかすら自分には分からない。

685日目 ボン

2月18日。

18日。

ああ、おゆきなさい、って自分は何言ってんのか分からない。

誰かの歌を歌っている。

ボン・ジョビでないことは確かだ。

ボン・ジョビって、カタカナでボン・ジョビって表記であってるだろうか。

なにぶん、ボン・ジョビを書くのは初めてのことで。

ボン・ジョビ初心者である、自分は。

686日目 喉ヌールスプレー

2月19日。

喉ヌールスプレー。

と書いてみたもののけ姫、

別に喉ヌールスプレーに用はないっていうか、喉ヌールスプレーって商品名が実際にあってるかどうか知らない。

小学生の頃、朝にそんな薬を使用して学校へ向かったところ、クラスの朝会でゲロを吐いたことがある。

実に嫌な記憶を思い出した。

687日目 ブックオフ

2月20日。

ブックオフにて本を購入。

本を読むのは良いことなのかもしれないが、読むタイミングを間違っているかもしれない。

というのは、自分は仕事が決まっていない。

けれど、仕事が決まっていないグタグダの状況だからこそ本を読むのだともいえる。

ってか、バイトより読書の方が好きなんだ、自分は。

688日目 ウェディング

2月21日。

通りを歩いていると、すれ違った人がケータイで
「これからヒロコと一緒に婚姻届けを出しに行くんだけどさ」
みたいなことを話していた。
すっげぇ幸せそうで、少し羨ましくなった。

結婚か。

今は自分にとって、遠いハワイみたいな存在である。

689日目 理由

2月22日。

マツダのT君から、仕事が決まったとの電話があった。

T君は去年の末に、米国のサブプライム問題に端を発する金融危機だかで自動車工場での仕事を解雇された。
それから次の仕事が決まらずに、度重なる正社員の面接を受けたらしいのだが、ことごとく落ちたのだと時々の電話で聞いていた。

それが、やっと決まったらしい。

自分は少し、T君に勇気づけられた。

自分は仕事がしたいわけではない。
旅がしたい。
旅をするために必要な金を稼ぐ。
それがしたい。

690日目 感覚

2月23日。

ある女の子が、路上のホームレスを見て言った。

「あの人達は何も人生の計画をしなかったから、今こんなことをしてるんでしょう?」

自分は言った。

悲しくなって言った。

「違うよ。あの人達はきっと計画がなかったんじゃない。計画通りにいかなかった人達なんだ」

彼女は自分の好きな人だった。

人は生まれながらにして平等でないと思う。


全てが計画通りにいくなら、この世に悩みはない。

自分は平等を実現してみたい。

実現できるものならば実現してみたい。

691日目 ぐうたら

2月24日。

ぐうたらな日々を送っている。

このブログも、ぐうたら日記に改名しようか。

しかし、あれだね。

ぐうたらのぐうは居眠りのぐうとして、たらは何であろうか?

たらたらする、のたら?

つまり、寝たりタラタラしたりという状態がぐうたらでありましょうか。

嗚呼、夢のぐうたら生活。

692日目 ハローワーク

2月25日。

福岡のハローワークに向かった。

このハローワーク。来てみて初めて気づいたのだが、以前にも来たことがあるのだ。

はて、と考えてすぐに分かった。

一昨年の晩夏である。本州を抜け、九州に入り旅資金の尽きた自分は福岡にてバイト探しをした。結局は広島に行くことになったのだが、その時、この福岡のハローワークに世話になっていたのだった。

すっかり忘れていたよ。なんだか懐かしくなった。

相変わらず、仕事は見つからなかったけども。

693日目 今日は何の日

2月26日。

226事件、ってあったようななかったような、なんでしたっけ、社会科で習ったような、犬養毅…は115事件だったろうか。
ところで、犬養毅って何をした人だったろうか。気になったので調べてみた。

すると驚愕の事実が。

なんと上記で自分が115事件などとほざいていたのは、515事件の誤りだったのである。
くああ、恥ずいっ。調べてよかった。

ちなみに犬養毅は第一次護憲運動で活躍した代議士、後の首相とのことです。

694日目 薬

2月27日。

花粉症の時期である。

くしゃみと鼻水がひどい。

鼻炎薬が欲しいが、鼻炎薬は980円くらいするので、マツモトキヨシの店頭で悩んだ結果、買うのをやめた。

今日もとりあえず、165円の缶ビールを呑んでいる。
01 | 2009/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。