スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

750日目 鏡

4月24日。

以前、鏡を見ていて思ったのだけど、鏡に映っている自分というのは過去の姿である。

というのは、えっと、何言ってんの、と仰る方もいるかもしれないが、鏡と自分の間に隙間があることで、光が届く時間が発生しているわけだから、厳密に言えば鏡に映った自分の姿というのは過去の映像なのである。

しかし、そんなことを言えば、目に映る全ての映像が過去といえば過去であり、じゃあ「今」なんてものは、目に見えるものとしては何もないことになる。

その通りである。実は、目で確認出来る今なんてものはなく、今というのは個々の頭の中にしか存在しない。

と、そんなことを思い出していたら
「我思う、故に我あり」
という言葉が頭に浮かび、なるほど、この言葉はそういう意味だったのかもしれない、なんてことを思った。
スポンサーサイト

751日目 福岡競艇

20090501113735
4月25日。

福岡競艇へ行ってきた。

スカパー杯とかやらで。

まあ平レースなのだけれども。

A1の選手も数人出ていて。

競艇の選手にはA1、A2、B1、B2というランクがあり、A1の選手とB2の選手が同じレースで走ることがままあるのだけど、もちろんのことA1の選手が勝つことが多く、今日もそんな目ばかり買っていたら、7レース中5レースほど当てることが出来た。

けど、当然のごとくオッズが低いので、それほど儲からない。

みたいな1日。

752日目 人生に甘みを

4月26日。

トマトに塩をかけて食べるとトマトはおいしい。

というのは、なにもトマトをしょっぱくしたらトマトがうまくなるという話ではなく、塩をふりかけることによってトマト本来の甘みが際立たせられるためである。

だからトマトに塩をふりかけると、トマトはおいしくなる。

そんな要領で、ああ、グレープフルーツに塩をかけて食いてえなあ、と考えていたら、はたと思った。

もしかして、この理論はまんま人生に応用できるんじゃないか、と。

つまり人生において適度にしょっぱい経験を積んだ人ほど甘くておいしい人生を歩めるんじゃないかと思ったのだが、早速我を振り返ってみるに、自分の人生は塩ではなく、間違えてコショウばかり振りかけてきた人生のように思え、少し鬱屈した気分になった。今日の仕事帰り。歩きながら。

753日目 ジャパニーズ・ソウルフード

20090501122451
4月27日。

福岡の天神に、おいしいおにぎり屋があるというので出掛けてきた。

おにぎりが1個100円~150円で売られていて、具材は塩のみから旬のタケノコご飯までと様々にあり、この店にいたら自分はなんとなく映画「カモメ食堂」を思い出した。カモメ食堂のメイン料理もおにぎりなのである。

ただ、ビジネス街にあるため昼飯時は混雑している。

もうすぐ博多どんたくだし、天神にお越しの際は「musubime」と検索されてみたらいかがだろうか。

ちなみに写真は豚汁セット500円+あまおういちごのプリンである。

754日目 え?

4月28日。

しにがはち、しさんじゅうにの獅子奮闘と来たもんだ。

755日目 都会人は冷たいのか

4月29日。

旅をしていて、都会人は冷たい、という言葉をよく耳にするのだけど、都会人って本当に冷たいんだろうか。

と考えてみるに、自分が出会ってきた都会人を思い浮かべても、そんな気はしない。

しかし、確かに都会に抱くイメージとして冷たさみたいなものはあり、では、この正体はなんだろうか、考えてみると、都会に住む人々は生活上、他人と積極的に干渉することをあまり好まないからではなかろうか、なんてことが思える。

確かに旅をしていても、都会で人に声をかけられるより、田舎で人に声をかけられることの方が多い。

しかし、上にも触れたように、都会人だろうと田舎人だろうと個人の付き合いになれば感情にそう違いはないのであって、なんだろう、一見、冷たさを纏うのは都会でのルールみたいなものなのかもしれない。そんなことを思う。

756日目 堀江さんの言葉

4月30日。

先日読んだ本に、冒険家の堀江謙一さんの言葉が載っていた。

「やりたいことをダイレクトにやってゆく。それが人間として普通じゃないかと、僕は思う。日本人の最大公約数は、会社に勤めながら生活していて、世の中一般から見ると、変わったことをやっていると見えるのかも知れない。でも、嫌いなことを一生懸命やるなら変わっているけれど、好きなことをやっているのが、なぜ変わっているのか、と思うけどね。」

とても共感できる言葉だったので、引用した。

で、この言葉を友人に話したところ、友人は
「けれど、世の中はやりたくないことをやっている人がいるおかげで回っているんじゃないか?」
と言っていた。

まあ、そうだとも思う。現代社会は、フリーターなんてやってちゃダメだ、と言っておきながら、フリーターがいなければ、コンビニも飲食店もスーパーもホームセンターも成り立たない。

そんな数多のフリーターが皆、自分の好きなことを仕事にしているようには思えず、別にフリーターに限らず、生活に追われて仕方なしに今の仕事をしている人は多いと思う。

なんだかなあ。

やりたいことだけやるってことは罪なんだろうか。

いろんな事が思い通りになったらいいのになあ、ってブルーハーツを歌っている。

757日目 左右

5月1日。

にいれきを街、ってなんのこっちゃ、と思ったら、街をきれいに、であった。

というのは、ゴミ収集車の側面に書かれた文句の話である。

あれ、いつも思うんだけどトラック側面の会社名など、何故、右から左に書くんだろう。読みづらいぢゃないか。

今度、探偵ナイトスクープにでも投稿してみようかしらん。

758日目 キヨシロー

5月2日。

タイマーズが好きだった。
RCを何度も口ずさんだ。
ソロのキヨシローは『パパの歌』をよく聴いた。

キヨシローを初めて聴いたのはいつだったろうか。
深夜のフォークソングオムニバスCDの通販CMで流れていた『スローバラード』の1フレーズに心を奪われた。あれは学生時代だったと思う。

キヨシローが歌っていることは、いつも普遍だった。
生きていれば、いい事ばかりはありゃしないから、いい事ばかりはありゃしない、と歌った。あまりに当たり前過ぎて誰も歌えぬことを誰かのために大切に大切に歌ってくれた。白バイに捕まったり、酒を呑みすぎてゲロ吐いたり、そんなありふれた日々、あなたにしか歌えないよ。

キヨシローがのこしてくれたオリジナルアルバムは『キング』から『ゴッド』、そして『夢助』へと繋がっている。
僕はそれだけで何か大事なメッセージを受け取ったような気がしているんだ。
キヨシロー、キング・オブ・ロック、ロックの神様、だけど一人の夢助だなんて、もう一体、どこまで優しいんだよ。

お疲れ様でした。そんなこと言いたくない。言いたくないんだけれど、キヨシロー、さようなら、大好きでした。今まで何度も何度も僕を救ってくれてありがとう。あなたの歌で立ち上がれた日が幾日もあったのです。本当に本当にありがとう。きっと、僕はまだまだこれからもしばらくあなたの歌に甘えながら生きていくでしょう。

759日目 どんたく

5月3日。

博多どんたくへと出掛けてきた。

GWの賑わいだ。

友達二人から電話をもらった。

二人ともキヨシローのことだった。

地元に帰ったらライブを開いて、皆でキヨシローを演ろうと話をした。

760日目 雨祭

5月4日。

雨が降っている。どんたく2日目だが、どんたく開催中は毎年雨が降るらしい。

熊谷の花火大会もよく雨が降るんだ。

そういえば、さきたま火祭りもよく雨が降るんだよ。

雨ばかりだな。

761日目 解らない

5月5日。

ここまで生きてみて、さっぱり解らないのは世の中である。

解せない。

解ろうとするのが間違いなのか。

それともあと50年くらい生きれば解るのか。

解らない。

全く掴めない。

何が正しくて、何が正しくないのか、ちっとも解らなくなっちゃった。

子供の頃のが解ってた気がするんだよな。複雑になったのか、複雑にしてしまったのか。

だからもう、全てうっちゃって、何も考えず生きようと思い、とりあえず両手広げて寿司屋に突撃した。

762日目 5月

5月6日。

5月6日は…サラダ記念日でしたっけ?

あれは6月だったろうか。
やあ、5月かあ。

おーい今夜、5月の風のビールを飲みに行こう。

ってなもんである。

僕は夜の盗賊団。なんつって。

763日目 PC購入

5月7日。

パソコンを購入した。

ネットブックというやつなのだが、なかなか使いやすくて嬉しい。

HDDが160GBあるので、とりあえずCDを入れまくっている。

764日目 バンドのこと

5月8日。

旅をしていて気がかりなことに、自分の地元のことがあるのだけど、これは実家の家族だったり友人のことであって、考えぬ日はないといっていいくらい日々考えている。で、その地元のことの中に、自分が地元で組んでいるバンドのことがあるのだけど、今日はそのバンドのことを考えていた。

このブログのプロフィールにもあるように、自分の本来の肩書きというのはパンクロッカーであり、まあ、パンクロッカーと自称したところで何もやっていなければただのニートなのだけど、自分は自分がパンクロッカーたる所以の一つとしてパンクバンドを組んで活動している。で、実は自分が旅に出る際、このバンドを長期活動休止の状態にして出てきたのだ。

では、バンドは解散同然ではないか?

というと、そうではない。自分は旅に出る時、メンバーに「1年半くらいで帰ってくるから」と言い残して出立したのであり、ボーカルの自分を抜いた、ギター、ベース、ドラムの3人はその間も週1ペースでの練習を続けていて、1年半後の復活ライブに照準を合わせて活動してきたのである。

ところが、どうだ。蓋を開けてみれば、あれから2年経った今も自分の旅は終わる気配を見せず、先日、ベースと電話で話したら、「君はいつ帰ってくるんだ?」と聞かれ、「あと2年くらいかかりそうです」と答えたところ、「そうか…」と電話越しに呟いた声が悲しげで、「ホントにごめんなさい」と自分は謝ったのである。

そんなバンドも、もうすぐ結成8年目を迎えようとしている。
当然レパートリーは増えておらず、かつて、ライブを見てくれた人々の記憶に残っているかも定かではないのだが、旅が終わったら新人バンドのつもりでライブに臨み、ひたすら練習を続けてきたメンバーとステージ上で抱きあって、最高のテンションと最高のパフォーマンスをオーディエンスの皆様に楽しんで頂けたらな、と思っている今日この頃である。

765日目 GWも終わり

20090510152730
5月9日。

博多どんたくの際に通りを歩いていて、偶然、自分のツボにはまる写真を激写したのだが、ここにUPするのをうっかり忘れていたので、遅ればせながら掲載。

それにしてもGWって、よくTVで「最長十何日間のGWです」なんて言っているが、あれって、その最長の休みをもらっている社会人がどれくらいいるんだろうと、いつも疑問に思う。

766日目 ティアミン

5月10日。

腹が減ったので、手元にあったミンティアを一気に食ったら、胸焼けがして気持ち悪い。

767日目 ゴキゲン

5月11日。

パソコンでハイロウズを聴いている。ご機嫌だ。

先日、TSUTAYAでキヨシローをレンタルしようとしたら、ほとんど借りられていて借りたいものが借りられなかった。CD屋でも、売れて品薄になっているらしい。

それで、だいぶ昔のライブ盤を借りてきたのだけど、これがまたご機嫌なんである。

768日目 働

5月12日。

日々、自分は、働かないで暮らしたいなあと思い、働かず暮らす方法を考えるのだけど、イマイチ名案が思い浮かばない。

働きたくないのなら働かねばいいのだけど、働かぬと金が入らんわけだから、生活は逼迫する。

生活が逼迫するとどういうことが起こるかというと、衣食足りて礼節を知るなんて言う通り、満足的な生活を送れぬあまり、人間としての礼儀を忘れてくる。

これは、本当である。

事実、自分も過去に生活が逼迫した際など、なんていうか、心が窮屈になって、笑顔をなくしたり、落ちてるものを拾い食いし始めたりした。

で、やはり、そんな生活を自分は送りたくないのであって、働かねばならぬのか、やはり。なんついながら、今日も詩を書いて、歌ってる。これが金になればいいのだけど。ラララ。

769日目 インフルエンザ

5月13日。

野良猫会議はダラダラ進むよ。

豚インフルエンザで世間は騒いでいるが、鶏インフルエンザとか香港とかソビエト連邦とか、インフルエンザって、あれ、みんな同類なんだろうか。

例えば豚にもですよ、バークシャーとかヨークシャーとか、黒いのやら白いのやらいますが、そんな感じなんでしょうか。

例えばスライムにもですよ、スライムベスとかメタルスライムとか、オレンジやら銀色やらいますが、そんな感じなんでしょうか。

教えてセニョリータ。

770日目 海産物

5月14日。

瞬間、心重ねて。

突然だが、埼玉県は海無し県である。

なので、海産物が採れない。

だからか、自分は以前から「海産物」という言葉に弱く、海辺を歩いていて、タコやらウニやら、ホタテやらカニ、なんていった文字が書かれた幟を見つけると発狂しそうになる。

ずっと昔、どこだか内陸の土地を治めていた、ある殿様が、商人の持ってきた塩漬けの鯵を食べて、こう言ったんだそうな。

「ほほう、これが鯵というものか。どれ。…うむ、これはとても新鮮であるな」

商人は笑ったそうだが、その殿様の気持ち、なんだか自分には分かるなあ。

771日目 リカバリ

5月15日。

パソコンが壊れた。とりあえず、メーカーのサポートセンターに電話して症状を伝えると、パソコンをリカバリしてください、と言う。

リカバリって何ですか?と聞き返すと、パソコンをですね、買った時の状態に戻す作業です、なんて言うので、自分はガッカリしてしまった。

なんとなれば、そんなことをすれば、この10日間ほどでようやく設定したパソコンのデータが失われてしまうからで、これを人間に置き換えて言うなれば、もう一度赤ん坊からやり直して下さい、というようなものである。

そうじゃない、自分は全ての記憶を消去したいのではなく、悪いとこ、悪い記憶だけを消去したいのだよ、と思ったが、面倒くさいことになりそうなので、たった10日間だけであるし、自分は生まれ変わることを受け入れて、リカバリを実行した。

そのおかげでパソコンは修復したが、パソコンに自分と過ごしたこの10日間の出来事を忘れられて悲しい。

772日目 ヨーグレットドリンク

20090517204108
5月16日。

通りを歩いていて自販機で見つけ、あまりに気になったので思わず買ってしまった。

まだ飲んでいない。

秀作であると信じたいが、駄作である確率85%であろう。

773日目 ウオッカ

5月17日。

ウオッカ、強かったなあ。

競馬の話だが、ウオッカという馬が強かった。強い馬が強い勝ち方をするレースって感動するよなぁ。

ヨーグレットドリンクの味は、カルピスを濃くした感じでおいしく、秀作であった。ののの。

774日目 原始人

20090520223854
5月18日。

パソコンのトップ画面に原始人が住み始めた。

775日目 長崎

20090520223931
5月19日。

あっ、ちゃんぽん!!

776日目 5月下旬

5月20日。

5月も下旬に差し掛かろうとしています。

そろそろ今年度の旅を動き始めようかと思っています。

777日目 吉日につき

777日目。
スリーセブン。
なんてイイ数字だろう。

さて。

自分は旅人だ。旅人の定義をよく知らないが、自分が旅人と言い切るのは、旅をしているからである。
去年の10月、自分の旅は広島県尾道市まで進み、それから、しばしのバイト期間に突入した。
そのバイト期間が今月いっぱいで明ける。
またこれから、北海道に向け、新たな日常が始まるのだけど、いくつか皆さんにお話ししておきたいことがある。
というのは、旅。まあ、どうして今年の旅の出発が6月にまでなってしまったかというと、訳がある。
金が集まらなかった。
なんてことではない。それ以外の訳があるのだ。
実は・・・
6月の再出発から、一緒に旅をする仲間が加わる。
誰だ、それは。
なんつって、そんな人間は一人しかいないのであって、卓ちゃんである。
誰だ、それは。
とおっしゃる方には、このブログの始まりを見て頂きたい。
最初、この旅は二人旅の予定であったのだ。当たり前のように一人旅をしてきたが。

話は、去年に遡る。
えっと、どこから話せばいいんだろう。彼、彼ってのは卓ちゃんのことだけど、彼は去年の6月に突如、地元の北海道を離れ、愛知県の自動車工場で派遣の仕事を始めた。
それで自分は「どうしたんだ?」って電話で話したんだけど、彼は「1年間バイトしてお金を貯めて自分も旅に出る」と言うので、「おお、ついにでるのか」なんて盛り上がったんだ。だけど、問題はスタート地点だという話で詰まっていたんだな。
自分は北海道の宗谷岬からスタートしたから、彼もスタートするなら宗谷からと思っていたらしいのだが、それではもう二人が旅の中で出会うことはなくなってしまうし、面白くないから、自分は「俺がゴールするまで待ってくれよ。で、バトンタッチしようぜ」と頼んだのだが、いかんせん自分のゴール時期がはっきりしていないため、ボツになり、じゃあってんで、「俺が逆回りすれば、東京あたりですれ違うんじゃないか」と卓ちゃんが言うので、その気になっていたが、話を進めるうちに「もう二人で尾道から歩けばいいんじゃないか」という話に落ち着き、二人旅がスタートすることになったんだ。
で・・、この話が決まったのが去年の11月だったろうか。それで、卓ちゃんが「来年のGW明けまでバイトが決定している」と言うので、自分は「じゃあ、君に合わせるよ」ってんで、5月中旬以降のスタートが決定したというわけ。
だから、いつになっても旅が始まらない、もう旅は終わんのか、とブログをご覧になっていた読者には申し訳ない気持ちである。このことをいつブログで発表しようか悩んで、結局、直前になってしまった。具体的には、6月1日に広島で卓ちゃんと落ち合い、3日ほど広島にて旅の計画などを打ち合わせたあと、尾道からスタートする予定である。

ところで、一人旅から二人旅になることで、事前に何人か知り合いに話したところ、あまりいい言葉を貰えなかった。意見はそれぞれであったが、主に「二人旅は大変そうじゃない」と言われることが多かったので、ここで先に自分の考えを述べておきたい。
自分はこれまで言ってきた通りに、どんなことがあっても死なない限り、この旅を続ける。もし、道中で二人が仲違いして、また一人になっても歩き続ける。生きてる限り、出会いと別れは必須であり、ただ、二人になった今はその状況を精一杯楽しみながら行くだけである。
尚、卓ちゃんは、自分が宗谷岬でゴールした後は尾道まで一人旅とのことで、自分は地元にて応援てなことになるであろう。

そんなわけで、もうすぐ福岡を離れ、広島に向かいますが、あとちょっとの間、よろしく福岡。
そして、これを御覧の皆様にも、これまでと変わらぬ応援を是非よろしくお願いします。
最後に卓ちゃん、いよいよスタートだ。行くぜ。

778日目 お試し

5月22日。

というわけで、今まではケータイからこの日記を投稿していたんですが、パソコンから投稿できるようになり、色々とお試し中なのです。

例えば、こんなことこんなこと、それにこんなこと
がパソコンからなら出来るのだと知り、ウキウキしています。
これらの術を会得して、もっと面白いブログにしていきたいです。にひ

779日目 続・お試し

5月23日。

昨日書いた日記が、ケータイの方にはうまく反映されていないようなので、こんなのはどうだろうか。
動画(錦帯橋)
今度は反映されるだろうか。

こんな落書きも出来るので、時々、写真を撮り忘れた際は絵で表現していきたい。
04 | 2009/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。