スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日目 銭函~小樽市街

20070419163439
朝6時半起床。昨夜、バス停の時刻表にて6時半から始発のバスが出ていることを確認していたので、6時に目覚ましをセットしていたが、鳴っているのに気付かなかったらしい。目が覚めると6時半であった。またバス停の客を驚かせてしまったかもしれない。起きてすぐに荷物をまとめ、近くのコンビニへ。ここでトイレを借りて、昨日買っておいたパンを食べ、準備をととのえてから出発しようと思ったのだ。ただトイレを借りるのも悪いので自分は野菜ジュースを買った。何故、野菜ジュースかと言うと、昨日親父から電話があり「もっと野菜をとれ」と言われたからで、自分の食事は毎日ブログに記録しているから、これを見て心配してくれたのだろう。もっともだ、と思い野菜ジュースを飲むことにした。レジに商品を持っていくと、レジのおっちゃんに「なに、旅してんの?」と話しかけられた。「ええ、そうなんです」といつものように数分話をしてコンビニを出ると、おっちゃんが小走りに店の中から出てきて「これ食え、ちょっとは体あったまるぞ」と自分にカレーまんとピザ
まんをくれた。なんていい人なんだろう。お礼を言って頂いた。皆、自分が「歩いて旅をしています」と話した時にまず北海道の寒さを心配してくれる。地元の人が言うには、まだ野宿をする季節じゃないらしい。
7時40分出発。今日、実は友達が小樽市街まで来て一緒に酒を飲む話になっている。北海道の鵡川という町で牧場を経営している男で、卓ちゃん含め大学時代からの付き合いである。彼曰く、「ブログを見ていたら、あなたが可哀想になった」とのことだが、自分はまだ人の同情を買うほど落ちぶれちゃいない。「可哀想と思われることが可哀想だ、自分自身が」と反論したら、笑っていた。自分も笑った。
「今日はどこら辺で飲もう。運河あたりでしっぽりいきますか?」
「うん、いいんじゃない。俺、あすこらへんでいい店知ってたんだよなあ」
なんて計画を立ててる時が一段と楽しい。
途中、コンビニに寄り、何気なく漫画を立ち読んでいたら一時間半かけて丸一冊読んでしまった。「実録、裏社会!」みたいな本なんだけど、この手の本は興味をひかれる割に読後感がめちゃくちゃ悪い。あの業界の裏も、この業界の裏も、自分の業界ではないのだからどうでもいいことである。聞けば気の毒、見れば目の毒、知らん知らんオラ知らん、オラシオンならオラ知っとるでよ、とふざけていた方が人生はきっと楽しい。選挙カーに手を振られながらトコトコ歩く。
小樽は海の町で丘の町だ。町の景色を遠目に眺めていると、ジブリ映画「魔女の宅急便」で主人公キキが住むあの街を思い出した。トンボがプロペラ自転車ですっ飛んできそうな坂。また、小樽といえば石原裕次郎。自分は石原裕次郎の「俺の小樽」をアカペラで歌いながら歩いた。
正午、マイカル小樽着。マイカルはポスフールと名称を変えたから、今はポスフール小樽と言うのだろうか?超巨大ショッピングモールである。自分の記憶に間違いがなければここにノースフェイスというアウトドアブランドの専門店があったはずだ。小樽に着いたら、そこで雨具などの装備品を調達しようと目論んでいた。しかし、記憶していた場所にあったのは雑貨屋。「あれっ、っかしいなあ」とリュックを背負ったまま総合インフォメーションに行き聞いてみると、だいぶ前に改装をしたとのことである。残念ながら店自体は撤退してしまったようで自分は買い物を諦めたのだが、かわりにいい施設を見つけた。というのは、どうやらこの建物の中に温泉があるようなのだ。もう4日間も風呂に入っていない。今日こそはと思っていたので丁度いい、早速自分は温泉へと向かうことにした。が、温泉に入る前、先ほどのインフォメーションで貰ったテナント一覧のパンフレットを見ている内にいらん施設まで見つけてしまった。なんでこんなところにこんなものがあるのだろう。場外馬券売
場である。
温泉なんかより、その場外馬券売場が気になってしまった自分は、とりあえずどんなものかを見るために1F奥の場外馬券売場「アイバ」へと向かった。抑えようのないこの気持ち。場外馬券売場というのは通常「ウインズ」と呼ばれるが、何故、この場外は「アイバ」というのだろうと思ったら、地方競馬の場外馬券売場だった。(競馬には主に中央競馬と地方競馬の2つの組織があり「ウインズ」というのは中央競馬の場外馬券売場の名称)温泉に入る前に1レース買っていくことにして、自分は3連単3-1-4を500円買った。3-1-4とは語呂で「さとし」であり、自分の目である。
温泉から出ると1時半になっていた。友達が小樽に到着するのは夕方6時過ぎだと言っていたから、まだ時間はある。ここから小樽運河の辺りまでは、地図を見る限り歩いて3、40分。今日は友達もいるので野宿というわけにはいかず、運河周辺で宿も探さなければならないので少し早めにここを出るにしても、まだゆっくりとする時間はある。コインランドリーにも行きたかったが、折角のマイカル小樽である。時間が許すまで建物の中を見て回ることにした。一つ、迷ったのがマッサージである。浪費か必要経費かで言えば、今回は浪費だったかもしれない。温泉からあがってすぐに足つぼマッサージをした。「一番強くお願いします」と頼んで、激痛に耐えていると、体があったかくなってきて足がウソのように軽くなった。その後、ロッテリアにて腹ごしらえをし、アイバへ。温泉に入る前に買っておいた馬券はハズレていたが、昨日の失敗は今日の成功である。今日こそは勝つだろう、と思って、それから3レースばかし買ったが無惨に散った。最終12レースが終わると、もう5時だ
った。馬券売場につぐんでいる自分に、売店のおばちゃんが話しかけてきた。
「観光ですか?」
いえ、自分は違うんです、これこれこういう旅をしていまして、と話すと「じゃあ、これ飲んで」と野菜ジュースをくれた。「体にいいから」と言っていたが、まるで心を見透かされたようである。
夕方6時、約束通り友達と小樽運河で行きあう。結局、宿は彼の勧めるホテルへ宿泊することにし、荷物を置いた後、酒を飲みに街へと繰り出した。一軒目の居酒屋で刺身と焼き魚を食べながら日本酒。二軒目の店を探しているうちに甘味処で働いていた年下の女の子と仲良くなり、彼女の仕事あがりを待って3人で地ビールのお店へ。後、カラオケに行って、バーに行った。自分は飲み通した。おんぶに抱っこで、この夜の御代は全て友達がもってくれた。
午前4時半、白んできた街を自分は一人歩いていた。何故、そんなことをしているのだろう。恰好だって薄着で寒い。宿に着くと友達は先に寝ていた。酒は時に運命をねじ曲げる。今日一日、振り返ってみて自分はまるでバカであった。反省と感謝に挟まれて恥ずかしくなりいたたまれなくなった自分は、携帯電話を充電器に差し込み、布団に潜りこんだ。もう、贅沢をするのはやめよう。

天候
晴れ
気温
朝7℃ 昼15℃ 夕12℃
歩数
32607歩
累計560034歩
出費
野菜ジュース・・158円
コーラ・・120円
マッサージ・・4200円
ロッテリアハンバーガーセット・・600円
缶発泡酒・・220円
温泉代・・840円
タクシー代・・470円
宿代・・3000円
馬券・・2800円
計12408円
累計60696円
食事
朝・・マヨネーズパン、シュガーパン、カレーまん、ピザまん、野菜ジュース
10時・・コーラ
昼・・ハンバーガー、フレンチポテト、コーラ、缶発泡酒
夕・・居酒屋など5軒ハシゴ(酒、ツマミ、甘味)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

応援してますょ~!!
…風邪引いてないっすか?大丈夫?笑
体調に気をつけて歩いてね☆
また来てください(*^_^*)

おー、あいちゃんありがとね!また小樽で飲もう。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。