スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

233日目 夢を追う

友達から手紙が届いた。今回はCD入りである。
前に、札幌でCDを作っている友達の話を書いたことがあるが、その友達から別テイクのCDが送られてきたのだ。自分の部屋にはステレオがないので、これをどうやって聴こうか考えている。
彼とは大学時代に出会った。下宿先の食堂で、何故だったか、テーブルの上にハイロウズのCDを積み上げていた自分に彼が話しかけてきた。縁とは絶妙である。何か一つ違えば出会わなかったのだ。
よく、札幌の大通り公園、狸小路、ススキノに二人で歌いに行った。人がたくさん集まるところで、彼はギターを持ち、自分が大声を張り上げて歌い出すと、道行く人がギョッとしてこちらを振り向く。笑われて、怒鳴られて、通報されて、からかわれて、でも、それ以上に感動してくれ、励ましてくれる人が多かったあの空間の記憶は、自分の勇気の根底を作った。一つ一つのストーリーを語りたくなるが、人にはつまらぬ昔話になるのでやめておこう。
その後、自分は大学を中退し、彼は無事大学を卒業したのだが、音楽の道に進もうか、大学で習った知識を活かせる企業に就職しようか悩む彼と、よく連絡を取り合った。彼の悩みは、きっとそっくりそのまま自分の悩みだったのだろう。自分は夢中になって、彼を励ました。自分の本当にやりたい道を行くんだ、と何度も言った。
今、彼は自分の決めた音楽の道を行くために、必死になって活動している。仲間を探して、曲を作って。自分は彼の歌う歌に何度泣かされたことだろう。彼の書く詩と、曲と、それを歌いあげる歌い様には、彼にしか出せない熱烈とした人間讃歌がある。それは彼の才能である。
気づいてみればいつの間にか、励まされていたのは自分だった。いや、最初から自分は彼を励ますことで自分を励まし、行きたい道を真摯に進む彼には再度、励まされたことになるのだろう。
世の中の若者よ、夢を簡単に諦めるな。世間に阻まれ、笑われて、弱っていく心を、萎えていく心を、今一度しっかりとしたものにするんだ。人は誰しも年を取れば現実にぶつかる。見切りをつけたのか、諦めたのか。納得したのか、妥協したのか。後悔のない答えはあなたしか知らない。
夢を追うのに邪魔が多い世の中だ。夢をつかめばヒーローだ。ありがとう、君よ。そして今日も闘い続ける全ての人よ頑張れ、僕はもっと頑張る。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。