スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

406日目 日置~大浦

20080518144922
5月15日。8時半起床。
頭を手持ちのリジョイで洗ったから、頭からリジョイのニオイがするのだけど、リジョイのニオイはなんだか残念なニオイだ。

直売所ベンチにて起。起きると、すぐ横のたこ焼き屋でお兄さんが開店準備をしていた。
直売所にてイチゴを購入。1パック130円。安いっ!さらに、店の外でさつま揚げをバラ売りする出店があったので、ここでさつま揚げを2枚購入。ごぼう入り、にんじん入り、豆腐入り等々、1枚50円程度だ。安いっ!
ベンチに戻り、朝食。と思ったら、たこ焼き屋の一番たこ焼きが焼けたようで、おいしそうなのでこれも購入。朝から豪勢な朝食だ。
たこ焼き屋のお兄さんと話していたら、お兄さんはあまり旅人を好きではない人だった。旅人のことを
「夏になるとどっかから湧いてくるよね。彼らは」
と言っていた。続けて話を聞いていたら、
「あなたはやっぱり、あれ?親に資金援助とかしてもらいながらやってるの?」
と言うので、
「いえいえ、ちゃんと働いて稼いだお金でやってますよ」
と答えた。お兄さんは
「あ、そう」
なんて言いながら、たこ焼きをクルクル回していた。
もちろん旅人も様々なのだが、旅人を取り巻く人々も様々である。いい事を言ってくれる人がいて、いい事を施してくれる人がいて、嫌な事を言う人がいて、嫌味なことをする人がいる。単純に言えばそうなのだが、まあ、どの人ともタイミングであり、縁であると思う。
そのすぐ後にこんなことがあった。
朝食を食べ終え、海辺を歩いていると、ある看板が目に入った。
「田舎暮らし、物件紹介します」
不動産屋であった。
「こんな不動産屋があるんだな」
と思いながら歩いていた。すると、ちょうどその家から一人のおっちゃんが外に出てきたのだ。どうやら新聞を取りにきたらしい。おっちゃんは自分を認めるや、
「歩いてるの?」
と聞いてきた。
「そうです」
と自分が答えると
「朝ご飯は食べた?」
と言う。
「ええ、さっき食べました」
「パンくらいあるけど、食べていくかい?」
「いえいえ、大丈夫ですよ」
「ホントに朝食食べた?食べなくて大丈夫?」
「はい、大丈夫です。ありがとうございます」
わずかな時間のことであったが、なんとも嬉しい出来事であった。
昼飯に立ち寄った店で海鮮丼を注文。サラダバー付きで980円。安いっ!そしてうまいっ!個人的にはサラダバーにあったきな粉もちが好きであった。ところで、ここは恐らく夜居酒屋になるのだけど、置いてあったドリンクメニューに日本酒がない。こっちの方では焼酎を飲むから清酒がない、と聞いたことがあったけど本当だった。飲み屋に日本酒がないのは軽くカルチャーショックだ。
途中から、自転車専用道を歩く。森の中を通る道にて、入り口に『マムシ注意』の看板を見た。その数分後、マムシに遭遇。伸びきった体で行く手を塞いでいる。どうしようか迷った。

たたかう
はなす
じゅもん
どうぐ

自分はまず
→はなす
を選択してみた。
「こんちゃーす」
と挨拶してみたが返事はない。どうやら、ただのマムシのようである。
「ダメか」
独りごちて、自分は
→たたかう
を選択した。
武器がないので武器をさがす。こいつを焼酎の中に漬けてマムシ酒でも作ろうか。そんなことを考えながら少し威嚇してみたが、マムシは依然として動きを見せない。
迎えた3ターン目。自分は
→どうぐ
を選択した。リュックの中からデジカメを取り出してマムシを撮り始める。するとマムシ、恥ずかしがって草むらに逃げていった。どうやらきゃつ、メスだったようである。よかった、よかった。自分は先へ進んだ。
万世特攻平和祈念館という施設を見学。太平洋戦争末期、窮地の日本軍はある作戦をここ鹿児島の各飛行場にて断行した。神風特別攻撃隊である。往きの燃料と積めるだけの爆弾を積み、敵艦に突っ込む、自爆の攻撃。
ここ万世特攻平和祈念館は、その特攻隊員達の遺影や遺書などが展示されている施設であった。
館内は凄まじかった。出撃前に自らの血で決意を綴った血書や故郷の親に宛てた手紙。そこには
「必中」
「轟沈」
「お母さん、ほめてやってください」
「国あっての我々です。家です」
といった言葉が並べられていた。
激戦地である沖縄に飛び立った隊員の多くは、10代後半から20代前半の若者。自分にはその『時代』がどんなものだったのか分からぬが、自分自身の生ぬるさはしっかりと痛感出来て涙が出てきた。
国あっての我々。国あっての家。
右寄りなわけじゃないが、これを古い言葉と言えるだろうか。彼らが今の日本を見たらどう思うだろう。例えば、年金のことでギャアギャアと騒いでいる国と国民を見て、これでよかったと思ってくれるだろうか。愕然とするんじゃないだろうか。自分には彼らの志がよほど崇高に思える。
戦後63年、アメリカは、そして日本国民自身は、この国をこんなに骨抜きにしてしまった。金、学歴、権利、あらゆる保障に身を任せていないと不安になってしまう、そんな弱い体にしてしまった。それはきっと自国への誇りを失ってしまったからだ。

自転車専用道を抜け、国道226号に出た自分は道中の自販機で缶ビールを買って歩いた。釣り銭が400円多かった。空に虹が3つかかっていた。
暗くなるまで歩いて、偶然見つけた公園型直売所ベンチにて眠。

天候
晴れ
気温
朝18℃ 昼25℃ 夜17℃
歩数
49450歩
累計6239133歩
出費
さつま揚げ×2(ごぼう、豆腐)・・110円
たこ焼き・・350円
海鮮丼(サラダバー付き)・・980円
万世特攻平和祈念館入館料・・300円
缶ビール210円
イチゴ1パック・・130円
スーパービッグチョコ・・50円
パン・・136円
かっぱえびせん・・126円
餃子1パック・・155円
計2547円
累計782536円
食事
朝・・さつま揚げ×2、たこ焼き、イチゴ
昼・・海鮮丼、サラダバー
夜・・かっぱえびせん、スーパービッグチョコ、餃子、パン、缶ビール
道中・・水、緑茶
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

良いブログですね^^

ブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね。
これ、作るのすごい時間かかったんじゃないでしょうか?
内容も充実してますし、ブログ作るのも大変ですからね。
私もブログ作っていますので、ブログ作りの大変差も楽しさも
わかってます。すごく良いブログだったので、思わずコメント
してしまいました。また、じっくりと過去の記事なども読ませていただきます。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。