スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

451日目 国頭奥~国頭安波

20080705202257
6月29日。6時50分起床。
ヤンバルクイナの鳴き声で起きた。キョッキョッキョッキョッて鳴くんだな。キョッキョッキョッキョッって草むらの中で鳴いている。1羽が鳴くと、つられて皆鳴き出すらしいから、結構賑やかである。
自分は二日酔いだ。宿の主人であるおっちゃんは、朝飯に、昨日の集会所からわざわざ料理を持ってきてくれた。集会所ではまだ飲みが続いているらしい。さすが沖縄。そして、それと一緒に商店でおにぎり2個とコーヒーを買ってきてくれたようで、
「昼飯に食べなさい」
と言って、自分に渡してくれた。
そんなことをしたら、おっちゃんの儲けが減ってしまうじゃない、と思い
「おにぎりとコーヒー代は払いますよ」
と言ったのだが、おっちゃんは頑として受け取らなかった。ここは素泊まりしかやっていない宿なのだが、結局自分は一泊三食も付けてもらったことになる。
握手をしてお別れ。
宿ホームページのアドレス↓
http://i.citydo.com/showpage.php?cID=565001123&pDir=okinawa&tel=

ジャングル。この辺りまでくると、ハブをよく見かけるようになった。なんか、道路でひかれて一夜干しみたいになってるんである。よく見かける。しかし、まだ生きているのは見ていない。
いい所だなぁ、と思う。歩いていて気持ちがいい。コンビニはなくとも、チェーン店はなくとも、余りあるほどの自然がある。木陰をすり抜けながら、深呼吸をして歩く。
だけど、そんな山道にも時折顔を覗かせるゴミの山。誰がこんなところにゴミを捨てるのであろうか。家電が道路脇の草むらに放り投げられている。こんなことをする奴は誰だ。こんなことをする奴にも家族はあるのか。愛する人がいるのか。愛してくれる人がいるのか。どうなんだ、答えてみろ。自分は悲しくなった。
午後、日照りが一層厳しくなり、今日自分は一時くたばりかけた。熱中症だか脱水症だかの症状が表れ、手足の痺れ、意識がフワフワしてきてしまったのだ。昨日の飲み過ぎで体内の水分が飛んでしまったのが最大の原因であろう。
歩いていると、意味もなく笑いがこみ上げて、自分は狂人のようになって歩いた。休憩しようにも休憩ポイントがなかなか見つからない。自販機がないのには困った。
ついに自分は山中につぐんでしまった。救急車も考えたが、地図を見ると次の町まで、あと4kmほどである。
・・約40分。
太陽に雲がかかったのを見計らって、自分はヨロヨロ立ち上がり、歩き出した。

辿り着いた町は安波という集落である。商店前の東屋に倒れこむようにして、寝転がった。2時間ほど寝たろうか。電話が鳴ったので起き上がると、今朝の宿のおっちゃんからである。

「どこまで行ったか?」
「安波という町まで来ました」
「雨は大丈夫だったか?」
「ええ、大丈夫です」
「そこの東屋は毎晩地元の人間が酒を飲んでいるはずだが、いんかね?」
「え?いや、いませんね」
「そうか。・・今日はそこに泊まるのか」
「はい、そうしようかなと思ってます」
「そうするといい。店の人にちゃんと断ってな」
「はい」

電話を切ると、自分は周りを4、5人の大人に囲まれていることに気づいた。
「青年、生まれはどこか?」
一人のおっちゃんが話しかけてきた。皆、それぞれ片手に缶ビールを持っている。
「・・埼玉です」
「埼玉か。ようし、じゃあ飲もう」
おっちゃんの言っていたことは本当だった。その場ですぐに宴会が始まったのである。
テーブルに広げたつまみを食えと勧められたが、自分は暑さにやられた疲れで全く食欲がない。しかし、それでも食えと言うので、一口だけ頂いた。

「それ、何だと思う?」
「・・何だろう。魚ですか?」
「ヤンバルクイナの内蔵よ」
「ええっ?!本当ですか?ヤンバルクイナって天然記念物じゃないんすか?!」
「それは国が勝手に決めたことだろ?地域には地域の習慣ってもんがあるさね」
「はあ~、そうゆうもんなんすか」
「嘘よ」
「へっ?」
「嘘よ。ヤンバルクイナのわけあるかよ。そりゃ、サメの皮よ」
「サメっ?!」

なんて。疲れてはいたが、なかなか楽しい。
一人のおっちゃんが、
「おい、明日から3日間仕事を手伝えよ。3日で1万5千円でどうだ。免許持ってるか?」
と言うので、話を聞いてみると、パイナップル農園の手伝いらしい。このパイナップルやるから、とわざわざ自分の息子にパイナップルを持ってこさせて、自分にくれた。
「いいっすよ」
と言ったのだが、おっちゃんは酔っ払うと一人で帰ってしまった。話はオジャンである。一体、どうなってんの?
真面目な話もした。
「同和問題って、ヤマトンチュ(沖縄県外の人間)は、どうして部落差別なんてことする?ウチナンチュ(沖縄県人)はそんなことしないよ」
と言うので
「沖縄では無いんですか?あれは何が始まりなんですかね。もっとも、今の若い人達はしませんけど」
なんてことを喋った。

宴会は深夜にわたり、ピーク時には8人ほど集まった人々が次第に散り散りになっていった。自分は最後まで残っていたおっちゃんの家に泊めてもらうことになった。

ところが。

おっちゃん、家に帰って寝るのかと思いきや、畳に泡盛とつまみを広げて飲み始めた。
「ここからが本番ですが、何か?」
って感じだ。
最高だぜ、沖縄。

天候
晴れのち曇り時々雨
気温
朝28℃ 昼32℃ 夜29℃
歩数
27674歩
累計6846583歩
出費
アイス・・53円
飴・・63円
飲料×3・・360円
缶ビール×2・・420円
パン×2・・247円
計1143円
累計860939円
食事
朝・・豚肉と野菜の炒め物、おにぎり×2、コーヒー
昼・・おにぎり×2、アイス、スポーツドリンク
夜・・サメの皮の天ぷら、馬刺し、缶ビール×2、缶チューハイ×2、泡盛
道中・・ドクターペッパー
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

旅人とは言え、かなり首都圏とは時間の流れかたが違う場所に居ますね、ホントは暑いとは言えしばらくは沖縄にどっぷり浸かりたいのでは?

うん、その通りです!
人生を10通り経験出来るならば、1つは沖縄で宿をやりたいと思いましたよ。自分で宿を。それぐらい飲み込まれている気がします、沖縄には。
ホンット、時間の流れが違いますわ。ウチナンチュが言う、
「ヤマトンチュは、どうしてそんなに急ぐの?」
って気持ちが最近よく分かりますよ。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。