スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

501日目 伊座敷~大泊

20080820144245
8月18日。4時20分起床。
カワグチさんの、南極に焼酎を150L持って行ったという話は痛快だった。
カワグチさんは海上自衛隊だが、船乗りではなく、飛行機の機関士だったのだという。船から飛び立つ戦闘機やヘリに搭乗していたのだそうだ。
それで南極観測船『しらせ』に乗る時も、
「俺達の出番は、昭和基地の手前で氷によって進めなくなった時にヘリを飛ばすのが仕事だから。それ以外は呑んでたよ」
と話していて、日本から船に乗る時、焼酎を150L持って行ったそうである。
「ドラム缶に3分の2ぐらい」
と話していた。
もちろん、他の人も酒を持っていくわけだが、
「科学者の先生方はナポレオンとかドンペリを持ってくるんだけど、あんな酒はちっとも旨くないからね。結局、みんな俺の焼酎を呑んでたよ」
とも話していた。

朝、4時20分に起きた自分とカワグチさんは、車で港へと向かった。
漁港には昨日と変わり、チラホラと人影がある。空はまだ暗い。月明かりが海に道をつくっていた。
自分はカワグチさんに貸してもらったカッパを着て、皆に挨拶し、船に乗り込んだ。なんだか海の男になった気分。
目指すは港から5kmほど離れた地点に仕掛けてある定置網である。15人が2隻の船に分かれて作業を行う。

定置網漁とは読んで字の如く、定めた海域に設置してある網で魚を捕まえる漁、とのこと。現場に行ってみると、海の中に幅20mくらいの四角く縁取られた浮きがプカプカしていて、その下に網が風呂敷のように広がっているのだそうだ。網は特殊な網だから、一度魚が入ると逃げ出せないらしい。
すっかりと白んだ空の下、2隻の船が一辺の両端に付き、反対側の辺に向かって網を巻いていった。そうすると、魚は段々隅に追いやられていくという寸法だ。単純だが、豪快なやり方である。
そうやって網を巻きながら、段々に姿を現し始めた魚達を見ていて、自分は思わず小便をチビりそうになった。

何故か。

船が激しく揺れるので怖かった、というのもあるが、今まさに自分がつんのめって落っこちそうな正面の海、その網の中に巨大な背びれが言ったり来たりしていたからである。
誰かが言った。

「カジキだ!」

でっけえ。
あんなでかい魚を自分は初めて見た。
今までに自分が見た最大の魚は何だったろうか。解体ショーのマグロか、水族館のナポレオンフィッシュか。
それよりもでかい。モリのような道具で突き刺し引っ張り上げた魚は、クチバシから尾びれまでが2、5mほどあった。例えるなら、ジャイアント馬場である。
しかも、それが2匹かかっていたのだ。例えるなら、ジャイアント馬場とチェ・ホンマンである。
船に引き上げられた、その巨大な魚は掛矢で頭を砕かれ、直ぐに内蔵を取り出して氷漬けにされていた。

一方、網の中ではすでに他の大量の魚が窮屈そうにバシャバシャと飛び跳ねていた。カツオやシイラ、見たことのない魚やシマシマ模様の綺麗な魚、アホ面の魚、オジサンという可哀想な名前の魚、イカなどが必死にもがいていた。飛び魚がパタパタと飛んだ。
そうして狭い網の中で一斉に魚がもがくものだから、辺りには大量の血が噴出。海が褐色に染まっていた。ビオレUの空き袋が間に揺れている。それをタモで掬う。もう掬う掬う、全部掬う。
一網打尽とは正にこの事である。

やがて漁を終えた船は帰路に着いたが、港へ戻ると今度は出荷である。今捕ったばかりの魚をそれぞれの種類で箱に詰め、トラックに積み込む。
無数の魚。
自分は大漁であると思ったので、大漁ですね、とカワグチさんに言ったのだが、別に大漁でもないらしい。というのも、どれもあまり値がつくような魚ではないからだそうだ。
お礼のつもりで手伝ったのだが、自分は帰りに分け前の魚まで貰ってしまった。
シイラとイカとカツオ。
自分では食べきれないので、冷凍にして土産に実家へ送ってもらった。

昼過ぎ、カワグチさんや漁師の皆さんにお礼を言って、自分は歩き始めた。
とりあえず、目指すは佐多岬。北の宗谷岬から、ようやく、南の佐多岬に到着するのである。
一つの区切りの場所だ。

天候
曇り一時雨
気温
昼35℃ 夜27℃
歩数
16027歩
累計7378871歩
出費
飲料×5・・506円
そば・・218円
発泡スチロール箱・・160円
送料・・900円
宿代(朝食付き)・・5775円
生ビール・・525円
カレーライス・・580円
計8664円
累計986308円
食事
朝・・シイラの刺身、イカ刺し、カツオのたたき、缶ビール
昼・・そば、野菜ジュース
夜・・カレーライス、生ビール
道中・・コーラ×2、ミネラルウォーター
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。