スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

504日目 大中尾~肝付

20080823163429
8月21日。7時40分起床。
山の中にある小さな集落のバス停にて起。
正面の商店にて朝食。歩き出した。
昨日より、ずっと山中を歩いている。大隅半島を抜け、志布志辺りに出るまではこんな感じが続くようである。
ルート的に言うと、県道68号→74号→国道448号だ。
特に今日歩く県道74号は自分の中で一つの難所という意識を持っており、まさしく今日は山場であると、、山だけに、山場なんだという思いで臨んだ。

「分け入っても分け入っても青い山」
と詠んだのは、種田山頭火だったか。
今日の道のりはそれくらい凄まじかった。まず、町がない。これほどに長く続き、町がない峠道は恐らく青森の大間から脇野沢に抜ける峠道以来、そしてそれ以上である。
初めのうちこそ、山中で野グソを垂れて、その垂れた野グソに防虫スプレーを吹きかけハエが近寄れないように細工するなど、余裕をぶちかましていた自分であったが、次第に減速。町はどこだ、とただそればかりを考えるようになった。
携帯電話は佐多岬からほとんど圏外である。一応アスファルト舗装はされているが、一車線の車が行き違い出来ないような道路で、所々、崖崩れを起こした跡が残っている。なんでも、この辺りの山というのはシラス台地といって砂地の山で崩れ易いんだとか。暫く町がないのを象徴するように、電柱は見当たらないし。人はおろか、車ともすれ違わないのでとても心細い。

道中、その山中で急に自分の横からウ゛ッウ゛ッウ゛ッウ゛ッという音が聞こえ、横を見ると、まだ瓜坊みたいな猪が横たわっている。
何だコイツは、と思ったが、奇妙なのはその猪に大量のハエがたかっていたことである。
次の瞬間、猪が立ち上がろうとした。
おっ、向かってくるのか、と身構える自分。
すると猪は、左右に揺曳しながら立ち上がったかと思うと、前足から崩れるようにドサリと横倒しになった。何度も立ち上がり、そして崩れ落ちる。
どうやら、猪は体に重大な怪我を負っているらしかった。自分を見て、一応逃げ出そうとはするのだけど、立てない。その瀕死の猪が命尽きる前から、大量のハエはこの肉体を付け狙っていたのである。なんたらハエであろうか。
やがて、猪はフラフラのまま、這うようにもがくように自分の前から姿を消した。自分はただその場に突っ立っていた。崖から落ちたのか、車に轢かれたのか、何にしても切ない出来事である。

あまりに町がないのが、ちょっと自分の想像以上というか、いや、それよりもやはりこのアップダウンが半端なく、自分は今日いくつの山を越えたのだろう、連綿と続く山々を見てそう思ったのだけれど、ちょっと今日は初めて体験することがあった、というのは飲料水のことである。
山中で手持ちの水を切らせてしまったのである。
抜かった。
はっきり言って、結構なピンチである。だって町まであと20km位あったし、日差しは強いし、携帯圏外だし、車は通らないし、倒れたら終わりだ。
まるで水の亡者に成り果て、ヒタヒタ歩いていたが、もうどうにも歩けないという状態で目についたのが、川である。
川を見ていてジョロジョロと流れる水、これって飲めるんじゃないか、と思いつつ、流石にそこまで這いつくばるのは自分もプライドが許さないというか、一度は通り過ぎたのだけど、引き返して戻ってきた。
そして、生まれて初めて川の水を飲んだ。
そりゃあ、飲んでも大丈夫ですよと保証された川の水なら自分も飲んだことがあるが、そこらへんの川の水を飲むのは初めてである。
一口飲んで、大丈夫そうだな、と思ったのでゴクゴクいった。
飲まなきゃやってられなかったのである。今日自分は川の水を2度飲んだ。キャメルバックにも詰め込んで歩きながら飲んだ。川がなかったら、水がなかったら、危なかったろう。水のありがたさを身に沁みて理解した。無駄遣いはしちゃダメだ。

その夜、一日中歩き続けた自分はなんとか山中を抜け、自販機でジュースも買うことが出来、一安心。東屋の下で寝ていたら、うわっ、ひっどい蚊にやられて額がボコボコ。そして気づけば、うわっ、うわっ、腕に大量のジンマシンがっ。
かっ。
どうもこりゃ、水に当たったっぽい。猿の小便でも混じってたかな。

天候
曇り
気温
朝22℃ 夜27℃
歩数
68856歩
累計7494187歩
出費
パン×2・・250円
グミ・・100円
飲料×4・・460円
計810円
累計989578円
食事
朝・・パン×2、コーラ
道中・・カロリーメイト、グミ、ミネラルウォーター、コーラ、カルピスソーダ×2
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

大丈夫か

水は切らしたら大変だな。
腹具合は?
山中では、どうしても水が続かない事もあるだろう。飲める水なのか分かる試験薬が欲しいな。
とにかく気を付けて。

あざっす!

腹は何ともないです。ジンマシンだけ、ひどいっすな。なんかのアレルギーでしょうね。
試験薬、思いましたよ。それで、万能ろ過紙があればいいのにな、って思ったんですよ。もっと言えば、水なんかに負けない強い内蔵が欲しいな、と。
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。