スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

57日目 江差~江良

20070602081631
6月1日、8時起床。起きて荷物をまとめていると外からバス停の中を覗く親子があり、どうやら子供を幼稚園か何かのバスに乗せるので来たのだろう、バス停に自分がいたので中に入りづらかったようだ。「ごめんね」と子供に謝って、「お兄ちゃん何してんの~?」と喋りかけてくるその子と話したり、お母さんと話したりしながらバス停を掃除して退出。すぐ脇のセイコーマートへ。ここで朝食。後、出立。
今日の予定は、とにかく進むこと。目的地は特に設けず日没まで歩き抜く。今日を含め函館まであと4日で行く予定だ。その為にはこの4日間で160km以上を歩かねばならず、出来るだけ距離を稼いでおきたい。昨日書き忘れてしまったが、国道229号線は江差で終わり、今日はすでに国道227号線に入っている。歩き出してすぐ、上ノ国(かみのくに)町からは国道228号線に変わった。
国道228号線はガラガラの国道だった。函館へ向かう車は上ノ国から木古内(きこない)へ抜ける道道5号線に向かうため、ぐるりと松前を回るこの海沿いの国道は一般の人はあまり利用しない道なのだろう。だから、こう言ってはなんだが上ノ国から松前まで60km位、地図上であまり栄えた町も見当たらない。そこが今日の不安なところであり、とにかく出来るだけ進もうと決めた理由でもある。
歩いていると、歩道の上でトカゲを捕まえて食べようとしているヘビがいた。こういう時、今にも食べられそうになっている者の方に肩入れしたくなるのは人の情だろうか。負けている方を応援したくなるのは何故だろう。自分はトカゲを助けることにした。「食べようとしている方だって腹が減ったところをやっと見つけた獲物かもしれないし、そういうのはそっとしておくもんだよ」という意見はあるだろう。でも、まあ、捕食中に自分に見つかってしまったヘビが運が悪いのだ。トカゲの腹に食い付いていたヘビをつつくと、トカゲとヘビは互いに自分を見て、まるで結託したかのように同じスピードで同じ方向に逃げていった。例えるならそれは、廊下でプロレスごっこをしていた中学生が教師の足音を聞いて同じ方向に逃げていくように仲良く逃げていったのだが、どうせならトカゲは少し違う方向に逃げればいいのだ。バカな奴である。
途中、国道沿いの放牧地で馬の親子が寄り添って草をはんでいた。馬を見るのは久しぶりのような気がする。サラブレッドだろうか。もう少ししたら子離れの季節である。競走馬は生後数ヶ月で無理矢理母馬から引き離される。そうやって馬を調教していくのだが、その時の母馬のいななきは悲痛だ。数日間ずっと仔馬を呼び続ける。仔馬の方も遠くで聞こえる母馬の声に応じて鳴き続けるが、数日すると親も仔も分からなくなってしまうのだ。忘れたふりをしているんじゃないか、と思わせるくらい互いに関心をなくす。それは恰もボケてしまった年寄りが自分の家族に「どちら様でしょうか?」と聞くように。
仁木の奥さんに江差に着いたら美味しいヨウカンがある、と聞いていた。それを直前まで覚えていたのだが、朝からエンジン全開で行く内につい町中を通り過ぎてしまった。ヨウカンを食べはぐったのが今日の残念である。
右は海、左は山、前と後ろは車がない曲がりくねった一本道という状況が続き、たまに集落があるもののそれも国道沿いではない。なんだか熊が出てきそうな道だなーと思っていたら、やっぱり看板があった。熊出没注意とある。何を注意すればいいのかよく分からないが、熊と格闘することになったもしもの時のことを考えてイメージトレーニングだけは入念にしておいた。知っているだろうか?熊にはパンチもキックも効かない。(当たり前だっ!)金太郎は相撲で熊に勝ったのだ。もし逃げきれず接近戦になったら、熊が立ち上がったところを猫騙し、次いで大腰、もしくは腕を掴んでの一本背負い、無理だな、体当たりか、窮鼠猫を噛む、目ん玉めがけて石を投げつけ死ぬ気で崖を下るとか、そんなとこだろうか。道路にはスズメバチの死骸もあったし、おっかない国道だ。
ところで、バス停は各市町村の持ち物のようで、よく町ごとで建物が統一されている。ある町ではバス停が全てログハウス様だったり、またある町ではレンガで統一されていたり。ドアが壊れているようなボロボロのバス停が並ぶ町は、財政がうまくいってないのかなと思う。いつの間にか車のナンバーが札幌から函館に変わっていて、これは気付いた時ちょっぴり嬉しかった。
函館まで、あと111km。松前はスルメが有名とあったからスルメイカの漁だろうか、日が暮れた水平線に幾つもの白い灯りが見える。江良、(えら)かな、自分も読み方を知らない。住みやすそうな町だ。その町の商店でカップラーメンを買ったら、店のおばちゃんがホッケのすり身のさつま揚げをくれた。この店には以前にも自分のような歩き日本一周の旅人がきたことがあるらしく、ちょうど自分と同じ位の歳だったそうで、やはり同じような人はいるんだなと思った。そう口にしたら、「そりゃいるさー」とおばちゃんは言った。あと、北海道の人は「ゆるくない」という言葉をよく使う。「大変だ」という意味だろうけど、旅の話をするとよく「それはゆるくねえなあ」と言われる。今日も2、3回言われたのだった。
国道沿いのバス停で眠。このバス停は今までで一番広い。今日気付いたこと、靴を脱いで砂利の上を歩いたら最高に気持ちよかった。

天候
曇り
気温
朝19℃ 昼(忘) 夕15℃
歩数
67863歩
累計1115542歩
出費
パン×3・・308円
カップラーメン×2・・193円
ジュース×3・・373円
発泡酒・・150円
計1024円
累計123998円
食事
朝・・カップラーメン、パン、ジュース
昼・・ジュース
夕・・カップラーメン、ホッケのすり身のさつま揚げ、発泡酒、ジュース
道中・・ジュース、水
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

お、終わった…。
第二回レコーディング終了です。やった!
なかなかいいかんじです。汗かいた甲斐がありました。
いいかんじで旅が続いてますね。
僕は元気です。
それではまた☆

第二回ってのは、フル?こっちは今日、函館へ行くぜー!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。