スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

61日目 函館滞在

20070606221918
9時半起床。起床後、三人でM君の家を出てF君M君は大学へ、自分はコインランドリーの場所を教えてもらい、そこへ向かうことにした。「よかったら、また今夜も泊まって」と言うM君にお礼を言って二人と別れた。
コインランドリーはM君の家から300mほど行ったところにあり、自分はここでリュック内の衣類を全て洗濯した。この時の格好は予備に持っていたジャージとスウェットで、トランクスは昨日の風呂を出た後からずっと穿いていない。全てのものを洗濯するためである。自分は函館にて春用から夏用の装備にすべく、それまで穿いていたカーゴパンツ、スウェット、フリースジャケットなどは洗濯、乾燥を終えた後、コンビニでダンボール箱をもらって実家に送り返した。今日は昨日の用事の続きをして、市内を観光、インターネットカフェにてブログ更新をする予定。しかし、コインランドリー屋というのはセコい。あそこは小銭を大量に使う場所だから両替機の需要があるはずなのに、両替機を置いてあるコインランドリーを自分は見たことがない。じゃあ、代わりに何が置いてあるかと言うと店前に自販機が置いてあるのである。どのコインランドリー屋にも、店前にはお誂え向きの自販機が設置されている。今日、自分は小銭がなかったので仕方なくその自販機でジュースを買ってお金
をくずしたら、お釣りが50円玉ばかり出てきた。100円玉じゃなければ洗濯機も乾燥機も使えないのだ。悔しい。
買い物を兼ねて、函館駅前を散策。交番でインターネットカフェの場所を聞き、そこへ向かうと今日は定休日であった。うーん、どうしよ、と考えていると一人のおっちゃんが自分に声をかけてきた。少し会話をすると、「友達と待ち合わせをしてるんだけど、そこで何か飲みませんか?ご馳走しますよ」と言う。自分はこれを断りつつ、他にインターネットカフェがありそうな場所を聞いた。五稜郭の辺りならあるかもしれないということで、おっちゃんに教えてもらい函館市内を通る路面電車に乗り、五稜郭公園の方へ向かうことに。歩きでなく路面電車を使うということに一旦躊躇したが、路面電車に乗るということそれ自体が観光であるのと、純粋な移動ではないということで、よしとした。函館の町を眺めながら移動。
五稜郭公園へは行かず、近辺で必要な買い物を済ませたあと、レジで情報を聞きインターネットカフェへ。ここで5時間過ごした。のち、またF君と合流。F君に夜の函館を案内してもらいつつ、おすすめスープカレーのお店へ。函館山の麓、ハリストス正教会などがある通りまで坂を上って目当ての店はそこにあった。F君と乾杯。これは余談だが、函館山近辺、夜景も含めてそうだが、ここは随一のデートスポットであると思う。一つ一つの通り、路地、そこに面する建物、街並みに、見事にブレンドされた芳しい香りが漂っている。そこを歩くだけで酔えるのだ。
その後、函館山からの夜景を見るためにロープウェイの駅まで行ったが、すんでのところで運行が終わってしまい、あちゃーと思っていたところ、F君が車を出してくれることになった。ロープウェイの運行が終われば、一般車でも山道から展望台まで上れるらしい。F君は自転車だったので車を取りに戻り、自分はその場で待つことにした。
1時間後、F君は友達が運転する車でやって来た。自分の車がバッテリーがあがってしまい、友達に頼んで車を出してもらったのだという。自分が夜景を見るために、全く無関係の人間に車を出してもらうことに恐縮だったが、この友達がメチャクチャいい奴だった。名前をK君と言い、車で函館山からの夜景を見た後、「函館には裏夜景と呼ばれるもう一つの夜景があるんです」とそこに連れて行ってくれ、「函館来たら、ラッピですよ」と函館名物のラッキーピエロというレストランへ行き、飯を奢ってくれ、さらに注文した持ち帰りのメニューを店を出た後に「明日食べてください」と土産で自分にくれ、「いい温泉があるんですよ」と車で片道1時間かけて無料の露天風呂へと連れていってくれたのだ。このドライブは楽しかった。深夜2時、M君も合流して男4人で小雨の中を行った。誰もいない海辺の温泉に自分らで栓をして湯を張って入った。行きも帰りも、車の中ではずっと怖い話をしていたよ。「楽しんで頂けましたか?」とK君が言うので、「十分楽しませてもらったよ、あり
がとう」と礼を言って、またM君の家に戻り4人で寝た。
そして昨日のクルミだが、今日F君は折りたたみナイフを自分にくれた。料理用のもので、自身が旅先で使っていた愛用品だという。ありがたく頂いて、次回これがどういった人の手に渡っていくのか楽しみに思った。
M君が「今のうちに渡しておくよ」と言って、寝る前に金比羅さんのお守りとウイダーインゼリーをくれた。
みんな、本当にありがとう。明日、フェリーで青森の大間に発つ。函館でこんなに素敵な出会いがあるとは思わなかったよ。今、何も恩返しが出来ないのは歯がゆいけど、また1年後、自分が再び函館に来るときまでに何かを用意しておく。その時はまた酒を酌み交そう。

天候
晴れのち曇り、雨
気温
朝20℃ 昼25℃(室内) 夕18℃
歩数
32197歩
累計1335910歩
出費
ジュース×3・・406円
コインランドリー代(洗濯・乾燥)・・600円
路面電車代・・220円
電池(単三8本)・・210円
宅急便代・・1480円
インターネットカフェ代・・1850円
ジャージズボン・・6195円
夕食代(スープカレー、瓶ビール)・・2180円
計13141円
累計145665円
食事
朝・・パン、ジュース
カフェ内・・フリードリンク、フリードーナツ、フリー味噌汁
夕・・スープカレー、瓶ビール
夜・・カレーライス、ハンバーガー、缶コーヒー
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

いよいよ青森ですかぁ!!

北海道はいい人いっぱいだったねぇ。青森でもいい人いるといいけど

おー!そうだな。五所川原着いたら連絡するぜ。

夜景

本当にすごいね!友達が函館に旅行に行ったことがあって写真を見たことがあったけど、やっぱりロマンチックですな(≧▽≦)/

一日半、函館にいたけどまだまだ見たりないよ。もっと時間をかけて、ゆっくり見たい街だったなあ。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。