スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

856日目 のりピー

8月8日。8時起床。

9時仕事開始。

午前、客室清掃。
午後、続き。

これを書いている今日、今現在は8月13日の午前1時8分であり、正直言って、8月8日に自分がどんな動きをしたのか、明確に覚えてはいない。

ただ、メモ帳をめくってみると、8月8日の日付の下に

「考える力+行動=実現」

と書いてある。

そうだ、この日、自分はそんなことを考えていたのである。

いつだったか、とあるコラムを読んでいる時にこんな言葉を目にした。

「8割の人が、いいアイデアを持っている」

それは、例えば会社のプレゼンのようなものであったり、日常生活の中での改善策であったり、夢そのものであったり、とにかく8割の人間が、いいアイデアを持っているのだと。

だけど、その文はこう続いていた。

「しかし、それを実現できる人は1割に満たない」

なるほどなあ、と自分は思った。

例えば、消しゴム付きの鉛筆。あれを発明した人は、その特許で莫大な資産を手に入れたわけだけど、果たして、それまで誰も

「鉛筆に消しゴムがついていたら便利なのになあ」

と考えはしなかったのだろうか。
確かなことは言えないが、きっといたはずである。
鉛筆に消しゴムがついてたら・・、と考える人間。
だけど、動かなかった。
考えるだけで行動しなかった。
その人間は、後になって言っただろう。

「実は俺もあれ考えてたんだよ!」

考えるだけでは、なにも実現しない。
何かを実現するのは、いつの時代も行動した人間だけだろう。

てなことを8月8日に考えていた。


で、さらにそのメモ帳の下。
そこにはこんなことが書かれていた。

「ノリピー、かくせい剤・大麻
まんきつのかんきせんから」

のりピーの事件は、ショッキングだった。食堂で、テレビのニュースを見ながら、書いたのだろう。
メモ帳に、自分以外は分からないであろう言葉の端々が並んでいる。

自分はこの旅の中で、大麻を吸う人間に何人か出会ってきた。
こういうものの印象ってどうなんだろうか。
そりゃあ、犯罪には違いないのだけど、その人たちに共通していたのは、ごく普通の人たち、ということなのである。フリーターであったり、サラリーマンであったり。
そして、彼らはこう言うのだ。

「けっこう、みんなやってるよ」

ある人は、自分の出身大学の名を挙げ、そこに通っている学生の半数がやっていたと話していた。

そして、また、ある人がこう言っていたのだ。

自分とその彼、二人で町のマンガ喫茶の前を通りかかった時。

「この中で、大麻吸ってる人がいるよ」と。

自分は、その言葉の真意が分からず、聞き返した。

「どういうこと?」

彼は続けた。

「換気扇から臭いがしている」

・・ショッキングであった。

「たしかか?」と聞くと、「間違いない。吸ってる人間なら一発でわかる」と彼は強気で答える。

ガラス越しの店内では、ビリヤードを楽しむグループが数組。
彼の証言が正しければ、その中の誰かがビリヤードを楽しみながら大麻を吸っているというわけだ。
大麻がそれほどまでに流布しているとは、恥ずかしながら、この旅に出るまで自分は全く知らなかった。
もっと、ごく限られた人たちだけのものなのだと思っていたんだ、自分は。

で、のりピー。
正直、自分は未だに大麻と覚せい剤の何が違うのかよく知らず、社会がどっちもダメだというからどっちもダメなんだろう、ぐらいにしか考えていないのだが、のりピーだって、言ってしまえば普通の女性である。
その彼女が、覚せい剤をやっていた。なんともモヤモヤした気持ちになる。
この気持ちは何だろうか。うまく言葉で表現できない感情である。

まあ、自分の好きなアーティストであるキヨシローは、自身でタイマーズという、大麻とタイマー(時計)をかけたバンドの楽曲の中で、「吸いたいぜ」と歌っていたし、同じくINUという、これまた自分の好きなバンドのボーカル町田町蔵は、盟友、中島らもの著作(町田康の書籍の解説だったと思う)の中で「バッチリ決めて、自分のラジオ番組へやってきた」と書かれているし、またまた自分がリスペクトする甲本ヒロトというアーティストが、過去に麻薬を使用したことがあると語っていたことがあった。

それはそれで、日々のちょっとした刺激にはなるのだけど、そんなことで誰かが逮捕されたという話を聞けば、少し気分が滅入るのも事実。
だからねえ、敢えて言わせてもらえば、そんなものに頼らず皆が健全に生きていければなあ、と思うんだけど・・。

で、ただいま午前3時56分。

高知バイト29日目
天候・・晴れ
食事・・朝(レトルトカレーライス)
昼(お弁当)
夜(バイキング飯)

卓ちゃんのブログ
スポンサーサイト

theme : 日本一周
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんとなく・・・

日常と非日常の境目というのはひどく頼りなく曖昧なものなんだなと思わされる話です・・・

普通か・・・

普通って何でしょうね・・・

N島さん

返信遅れて、申し訳ございません。

まったくです。
僕は時々、「あれ、夢だったっけな?」と、夢と現実の記憶がごっちゃになってしまう時があるんですが、この話はどちらかと言うと、夢側に近い話のような気がするんですよね・・。
この話が夢でないのは確かなのですが、現実であることに疑問すら覚える内容の話でした。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。