スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

861日目 大きな失敗

8月13日。8時起床。

9時仕事開始。
客室清掃、レストラン。

昨日のことであるが、自分は大きなクレームを出してしまった。

事を始めから話すと、まず、自分はいつものように客室清掃をしていた。

15時過ぎ、もう今日の清掃も終わり、さあ掃除用具を片付けようという具合になった頃、最後の仕事で16時にチェックイン予定のお客様の部屋にエアコンをつけてきてくれという指示があった。
ただ、もうチェックインしているお客様もいるので、フロントにて鍵の有無をチェックし、間違ってもすでにチェックインしているお客様の部屋には入らないこと、という忠告と共に。

で、自分はフロントに行き、鍵をチェック。
この部屋とこの部屋は、まだお客さんが入っていないからエアコンをつけられるなと、部屋番号を覚えて、メモ帳にその部屋番号を書こうと思ったら、こんな時にボールペンが切れてしまってインクが出ない。

まあ、いいか。
222と223は鍵がないから、この部屋以外の部屋にエアコンをつければいいんだ。
そう思いなおし、2階へと向かう。

そして、マスターキーを右手に握りしめ、クリアと呼ばれるお客様の宿泊予定表を見ながら、順々に部屋を回っていった。

ところがである。

これで今日の清掃は終わりだという気持ちがあって、油断していたのかもしれない。
部屋を順々に回っていくうちに、222のことがすっかり頭から消えてしまって、そのまま222をマスターキーで開けてしまったのである。

キイ、とドアを開けて、まず目に入ったものはお客様の履物であった。

「やばっ」

と思って、つい反射でドアを閉めてしまった。
やっちゃったよ、と思いながら、その後の処理をどうしようか、その場で考えていると、部屋のドアが開き、自分と同年代くらいの男性が出てきた。

「なんですか?」

と言う。

冷静に考えれば、この時、お客様に一から事の次第を説明して謝り、上司にミスを連絡していれば事は収まったのかもしれない。
しかし、とっさのことで自分は返答に困ってしまい、開いた口から飛び出した言葉はとんでもなく間抜けなものだった。

「エアコンは大丈夫ですか?」

一体、何が大丈夫なのだろうか。自分でもよく分からないが、自分の口は確かにそう言った。

「・・大丈夫ですけど」

「そうですか、それは大変失礼いたしました。申し訳ございませんでした」

バタンとドアが閉まり、その場はそれで終わったのである。

気が動転していた自分は、それでもう話が終わったものだと勝手に解釈して、仕事を終えた。



夕方、部屋でパソコンをいじっていると、卓ちゃんが部屋にやってきた。
職場の上司から電話があり、自分に代わってくれと言うのだそうだ。
卓ちゃんから手渡された携帯電話に出てみると

「高沢君、今日、お客様のいる部屋に入らなかった?」

と上司が言う。

「・・入りました」

実はその後、お客様の方からフロントにクレームがきたのだそうだ。

「そういうことは全部報告しないとだめ。とりあえず、こちらからお客様にはお詫びしておいたから」

と言われ、情けないやら申し訳ないやらで、すいませんでしたと謝りつつ、自分は激しく凹んだ。

ホテルという空間に癒しを求めてやってきているお客様の部屋のドアを開けてしまうというミス。

あってはならないことである。

自分が客の立場だったら、どうであろうか。
部屋でくつろいでいる時に、オートロックのドアが勝手に開く。
考えるだけでゾッとし、その後、そのホテルには不信感しか抱けなくなるだろう。

そう思うと、お客様への申し訳なさと同時に、自分は自分のミスにより、ホテルの信用を傷つけてしまったという気持ちで一杯になり、その後のレストラン業務がうまくゆかなかった。
なんとか笑顔で頑張ろうと思ったけれど、どんよりとしてしまい、うまく笑顔を作れなかった。

反省点は多々ある。
もう二度と、こんな失敗はしないようにしようと心に決めた。

高知バイト34日目
天候・・晴れ
食事・・朝(バイキング飯)
昼(お弁当)
夕(ラーメン)
夜(バイキング飯)

卓ちゃんのブログ
スポンサーサイト

theme : 日本一周
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

二度とあってはならない。
失敗は上司に報告、判断を仰ぐ・・・社会常識なり。

「報告」「連絡」「相談」あたまの読み方を取って

「ほうれんそうの法則」と言います。

人生において覚えていると死ぬまで役に立つ。相方にも教えてあげてね。
じゃ頑張って、ウイッシュ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ああ・・

瞬間のちょっとパニくった対応は、気の小さい俺にもすごく理解できるな。

「今のセリフ、ちょっと違うんじゃないか?」
と思ってても、つい自分の行為の方を正当化する言葉が出てしまって。

勘違いだよね。
気をつけようね。
それだけだ。

お客様がお帰りまでに、せめてもう一度謝罪できれば良かったけど。

ガンバ

むぅ?(´ε`;)

ま、あまり凹みすぎず、次からしっかりホウレンソウ。
栄養たっぷりホウレンソウ(オイ)

誰にでも失敗はありますよ-。
私もしょっちゅう泣きながら帰ってます(^^;

でも、空見てボーッとしてたら、思うのです。
世界はあまりに大きくて、自分はあまりに小さいな…(・∀・)
自分のナヤミもちっせ-(゜ロ゜)みたいな。

さ-ぁ 明日も頑張りましょ。
スマイリー(^□^)笑え-

だいちゃんさん

ほうれんそう。
まさに今回のことは、ほうれんそうの必要を説いた失敗談であったと思います。
失敗に失敗を重ねるというのは、愚かな行為です。
きっと、自分には失敗をないものにしようという甘えがあったんでしょう。

これから気をつけて、精進して仕事に臨んでいきます!

名無しさん

どうもありがとう。そんなあなたが大好きです。
これからも応援よろしくお願いします。

幸さん

今まで、そんなことを何度繰り返してきたんでしょう。
ダメですね。
反省は出来るのですが、どうしてもパッと素直な謝罪にまわれません。
どこかで、根拠もなく、大丈夫と言い聞かせている自分がいる。
今回のことは、未だに成長出来ていない自分がいることに気づかせてくれました。
直せるように頑張ります。

なさん

ありがとうございます。
もう、こんな失敗もないように、失敗を隠さぬように頑張ります。

チャーリーさん

あざっす!
確かに、空を見ていると、なんか救われた気分になるんですよね。不思議です。
笑顔でいると、また救われた気持ちになれます。
辛い時こそ笑顔。
なかなか出来ませんが、頑張っていきます。
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

高沢 里詞

Author:高沢 里詞
埼玉県行田市出身
S57・12・7生
26歳♂
B型
パンクロッカー・詩人
行田秘湯の会会長
S・O’S(スーパーアウトドアーズ)部長
行田不毛の会会長
行田死語の会会長

注※どの会も新規会員募集は行っておりませんが、もしも会員になりたい方がいましたら密談でどうぞ。

お知らせ
☆NEW TOPICS☆
リンク、追加しました(9/24)
当ブログがFC2ブログランキング
バックパッカー部門において
第1位を獲得しました!!
(過去のTOPICSはこちらへ)

☆くるみ長者☆
現在のアイテム
『赤いラジコンカー』
~これまでの交換履歴~
くるみ→
折りたたみナイフ&小説→
革のケータイケース→
キュウリの種→
赤いラジコンカー
青雲の最新動画
青雲HPは下記リンクより!!
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム
ご意見、質問、ご要望等は、お気軽にこちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブログ内検索
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。